人気・オススメの部位~ボディピアスの基礎知識~

以前も耳の部位の名称でご紹介しましたが、ボディピアスは耳だけでも沢山の部位があります。その中で、人気の部位やあまり知られていないオススメの部位をご紹介します。

アンチトラガス

antitoragasu

【▼おすすめボディピアス▼】

アンチトラガスおすすめ画像1 アンチトラガスおすすめ画像2 アンチトラガスおすすめ画像2

耳たぶの上側の軟骨部にするボディピアスを「アンチトラガス」と言います。耳の軟骨部の中でもピアッシングされる方が少ないので、人と被りたくない方や、個性的なコーデを楽しみたい方にはおすすめの部位です。使用するピアスはキャプティブビーズリングやバナナバーベルを使用します。

アンチトラガスの基礎知識 ~開け方・着け方・痛み~
今回は【アンチトラガス】のご紹介です!トラガスはご存知の方も多いとは思いますが皆様アンチトラガスってご存知ですか? アンチトラガスとは? アンチトラガスってどこ? 名前にトラガスとついているだけ…

バーティカルトラガス

pa-thikarutoragasu

【▼おすすめボディピアス▼】

バーティカルトラガスおすすめ画像1 バーティカルトラガスおすすめ画像2 バーティカルトラガスおすすめ画像3

通常のトラガスの前辺りに縦に開ける部位を「バーティカルトラガス」と言います。こちらは、比較的新しいボディピアスの位置で、徐々に人気が高まっていています。使用するピアスはバナナバーベルやサーフェイスバーベルと言うピアスを使用します。キャッチを1個ずつ変えてみたりしても可愛いです!耳元のお洒落の幅が広がる部位でオススメです。

オービタル

o-bitaru

【▼おすすめボディピアス▼】

ビーズリング画像 フラワービーズリング画像 ジュエルビーズリング画像

耳たぶにあけた2つのピアスホールに、1つのリングを通すピアスの装着方法を「オービタル」といいます。個性派が好きな方にオススメの装着法で、主にキャプティブビーズリングを使用します。開け方は2つ同時に開ける方もいますが、1つずつ開けて安定させてから1つのリングに通すことをオススメします。

オービタルピアスの基礎知識 ~開け方・着け方・痛み~
今回は今あるホールでも少し変わったコーディネートに出来てしまう【オービタル】のご紹介です♪ オービタルピアスとは? オービタルって? 二つのピアスホールを一つのリングで繋ぐ付け方をオービタル…

インダストリアル

indasutorial

【▼おすすめボディピアス▼】

ロングストレートバーベル画像 オススメ オススメ

軟骨から軟骨など2箇所の穴を1つのボディピアスで通すことを「インダストリアル」と言います。ロングバーベルという長いピアスを使うので、印象的で、個性的な可愛さが特徴です。また軟骨から縦に通すことを「バーティカルインダストリアル」と言います。開け方はオービタル同様に、2つ同時に開ける方もいますが、1つずつ開けて安定させてから1つのロングバーベルに通すことをオススメします。

ダイス

daisu

【▼おすすめボディピアス▼】

ダイスオススメ商品画像1 ダイスオススメ商品画像2 ダイスオススメ商品画像3

耳上部の付け根の部分(軟骨部)にする部位を「ダイス」といいます。キャプティブビーズリングがオススメです。

ダイスの基礎知識~開け方・着け方・痛み~
今回は【ダイス】のご紹介です。 ロック、フォワードヘリックスとの違いも合わせてご紹介しておりますので最後まで見ていただけたら嬉しいです♪ ピアスの「ダイス」とは? ダイスってどこ? ダイス…

スナッグ

sunaggu

【▼おすすめボディピアス▼】

スナッグおすすめ画像1 スナッグおすすめ画像2

耳の中間部分の端から山折れに盛り上がっている部分のピアッシングを「スナッグ」と言います。正面から見てピアスの入口と出口がどちらも見える様に山を貫通させるピアスです。軟骨の中でも分厚いためトラブルが起きやすく、アフターケアには十分な注意が必要です。オススメの種類はストレートバーベル、バナナバーベルです。

スナッグの基礎知識~開け方・着け方・痛み~
以前は珍しいとされていた軟骨ピアスも、今や多くの方がつけていますよね♪ しかしまだまだあまり知られていないマイナーな部位も沢山あります。 今回はそんなマイナーな部位の中から【スナッグ】をご紹…

インナーコンク(コンク)

innnar

【▼おすすめボディピアス▼】

インナーコンクオススメ商品画像1 インナーコンクオススメ商品画像2 インナーコンクオススメ商品画像3

耳の穴付近の軟骨にするボディピアスを「インナーコンク(コンク)」と言います。耳の軟骨部の中でも多くの方がピアッシングしています。この部位にはストレートバーベルや内径の大きいキャプティブビーズリングがよく使用されています。また、拡張して、ホールタイプのボディピアスをする方もいます。耳のアクセントになるので、お洒落な芸能人がよく着けています。

アウターコンク

autar

【▼おすすめボディピアス▼】

アウターコンクおすすめ画像1 アウターコンクおすすめ画像2 アウターコンクおすすめ画像3

へリックス(耳の淵の巻いている軟骨の部位)と間違えやすいですが、耳上部(内側)の平らで薄い部分へのピアッシングを「アウターコンク」と言います。軟骨の中では面積が広く、多くの方がボディピアスをされる部位の一つです。主にストレートバーベルや、ラブレットスタッドが使用されます。

アンテナへリックス

antena

【▼おすすめボディピアス▼】

アンテナヘリックスオススメ画像1 アンテナヘリックスオススメ画像2 アンテナヘリックスオススメ画像3

へリックスは軟骨部のピアッシングでは一番有名ですが、耳のてっぺんに縦に開けるへリックスのをアンテナのように見える事から「アンテナへリックス」と言います。最近はアンテナへリックスにピッタリのピアスなどもあるので、こちらの部位ならではのコーデも楽しめます。へリックス同様で、ストレートバーベル、ラブレットスタッド、キャプティブビーズリング、スパイラルバーベルなど色々な形のピアスが楽しめるのも魅力に1つです。

トランスバースイヤーロブ

torannsu

【▼おすすめボディピアス▼】

トランスバースイヤーロブオススメ画像1 トランスバースイヤーロブオススメ画像2

耳たぶを横切るように貫通する特殊なピアッシングを「トランスバースイヤーロブ」と言います。貫通距離が長いのと安定がしにくいので難易度が高いです。なので開けられている方は非常に少ないです。拡張したイヤー・ロブを横切って重ね付けするコーデはかなりインパクトがあります。

最後に

人気で有名なへリックスやトラガス以外にも、沢山耳元のコーデが楽しめる部位があります。ご紹介した部位のピアッシングはセルフでは難しい部位なので、ピアススタジオをオススメします。アフターケア方法も人によって違い、部位によってトラブルも様々です。

スタジオで自分にあった方法を教えてもらい、色々なピアスで楽しんでくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの特集

凛りんバナー
スターアイテム2018年版 トラガス特集 スタンダードアイテム