【人気の口ピアス!】ラブレットを開ける!ピアッサーとニードルどっちがおすすめ?

すっかりオシャレとして定着したボディピアス。最近では耳以外にも開けている人を多く見かけるようになりました。
人とかぶりたくない!個性を出したい!そんな方にオススメしたいのがラブレット(通称:口ピアス)です!

今回はラブレットの開け方、正しいケア方法などについてご紹介していきます☆

ボディピアス専門店凛RINピアッサー特集バナー画像

ラブレットスタッドとはどんなピアス?

ラブレットは下唇の中央の少し下の位置で、顔の表面から口内に貫通するようにあけるボディピアスの名称です。

ラブレットといえばヴィジュアル系ミュージシャンが着けているものというイメージの方が多いのではないでしょうか?
しかし最近では男女問わず、実に様々なファッションの方がラブレットを楽しむようになってきていて、インスタでも開けている人をよく見かけます。

ラブレットの穴(ホール)の開け方

ラブレットは鏡で確認しやすく、耳たぶよりも簡単に開けられそう!と考えている方も多いはず。

しかしラブレットは、上の位置過ぎると歯に引っ掛けたり歯ぐきに当たりやすい部分なので、口を開けた時の位置関係も想定してピアッシングする必要があります。

適した位置に開けなかった場合、ピアスホールが安定しても違和感やストレスを感じやすい部位になります。
腕に自信のない方、ピアッシング初心者さんは無理せず病院やピアススタジオで開けてもらいましょう。

ピアッサーでラブレットを開ける

ラブレットを開けるときに耳用のピアッサーを使うことはあまりおすすめできません。

ラブレットは一般的に耳などで使うストレートバーベルというボディピアスとは少し違った、片側がフラット(平)なディスクになっている形の「ラブレットスタッド」というピアスを装着します。

耳用のピアッサーでは、ファーストピアスの形状が適していない・太さや長さが合っていない・部位が分厚いため針先が貫通しきらない可能性があるなど、ピアッシングが失敗する可能性があります。

ピアッサーでラブレットを開ける場合は、内蔵されているファーストピアスがラブレットスタッドのくちびる用ピアッサーを使いましょう。

くちびる用ピアッサー

ニードルでラブレットを開ける

ニードルは取り扱っているお店が少なく、インターネット通販などで購入する必要があります。

ニードルで開けるピアスホールは、ピアッサーに比べ安定が早く、キレイに開けることができますが、初心者の取り扱いは少々難しいかもしれません。

特にラブレットに使うラブレットスタッドは、唇の内側から装着する必要があるため、装着に慣れるまでは難易度お高めのアイテムです。

ピアッシングの際にニードルを表から刺して、ニードルの末端から接続するやり方で開けてしまい、肝心の歯に当たらないためのディスクが外側で邪魔になりやすいキャッチが口内に向いてしまうというミスが起こらないように注意してくださいね。

point※ラブレットのピアスの接続は、ニードルを表から刺す場合は貫通したら先端にピアスを接続して外側に引き抜くようにしてください。その際はニードルの先端で口内を傷つけないように注意してくださいね。

不安な方はピアッサーを使用するか、病院やピアススタジオで開けることをおすすめします。

ラブレットピアス ラブレットピアス

スタジオ・病院でラブレットを開ける

「自分で開けるのは不安…」そんな方はプロに頼みましょう。

スタジオや病院で開ける際の料金相場は10000円前後のようですが、予約際に事前に問い合わせてみることをおすすめします。

病院は麻酔を使った施術を行っている所もあるようなので、値段は高くなりますが痛みを抑えたい方は病院で麻酔をお願いした方がいいかもしれませんね♪

ラブレットのファーストピアス

立爪ジュエルラブレット ジュエルラブレット

ラブレットで一般的に使われているのが、「ラブレットスタッド」といわれる名称のボディピアスです。

ラブレットスタッドは片面が平らなディスク状になっていて、トラガスやフォワードヘリックスなど片側が狭くてキャッチが装着しにくい部位にもよく使われています。

そのディスク状の部分が口内にあたるよう装着することで、口内でピアスが無駄に動いたり歯に引っ掛かったりすることを防ぎます。

ファーストピアスとして使用する際には、開けた後に腫れてしまうことを想定し、自分の唇の厚みよりも2~3mmほど余裕のある長さを選びましょう。

ラブレットはピアスを外すとすぐに塞がってしまう部位なので、ホールが安定した後もシンプルなラブレットスタッドは重宝しますよ♪

ラブレットのアフターケア・消毒

ラブレットは基本のケアに加えて口の中もケアが必要になってきます。

うがい薬などで1日3回~4回軽くすすぐ習慣を着けましょう。

口の中は細菌が多いため、炎症を起こさないよういつも綺麗に保つことが大切です。

ラブレットの違和感・痛み

ラブレットは開けてから数日間は炎症が起きやすく、腫れてしまうことも多い部位です。

痛みや腫れが出てきたら耳などと同様にホットソークを試してみましょう。

数日様子を見ても腫れがおさまらない場合は病院で診てもらいましょう。

ボディピアス専門店凛RIN_HPバナー300画像

シェアする

フォローする

関連記事

ラブレットの基礎知識
ボディピアスの部位・位置

口ピアス・ラブレットの基礎知識~開け方・位置・痛み~

芸能人やアーティストから一般的にも人気が浸透してきている口ピアス。口周辺も開ける場所によって名称が異なります。 今回は口ピアスの名...

人気部位特集!オススメのボディピアスの形状
ボディピアスの部位・位置

【人気の部位特集!】~基礎知識&オススメのボディピアスの形状をご紹介~

以前「耳の部位の名称」の記事でご紹介しましたが、ボディピアスは耳の中だけでも沢山の部位があります。 その中で、人気の部位やセル...

ボディピアスの部位・位置

鼻ピアスの基礎知識・ノストリル・セプタム用リングピアスなど

鼻ピアスはピアスの中でも顔の中心に着けるので、インパクトのある印象的な部位です。 今回は意外と知らない鼻ピアスの開ける位置やケア方法・...

ボディピアスの部位紹介
インダストリアル

軟骨ピアスのかわいい位置紹介~ロック・スナッグ・トラガスって?~

ボディピアスで特に人気の軟骨ピアス、耳だけでも開けている位置ごとに様々な名称があってなかなか覚えられませんよね。 そんな軟骨ピアスの位...

人気の記事

tongue_piercing_trouble舌ピアスの痛みごはんあるある解決方法アイキャッチ
ピアスのトラブルとケア

舌ピアスを開けたら痛い?ご飯は食べられる?舌ピの痛み解決法!

この数年で非常に人気が出てきた舌ピアス! 「舌ピってどのくらい痛いんだろう?」「開けた後は腫れるって聞いたけどご飯は食べれるの?」...

耳のピアッシングはどこが一番痛い?
イベント

【200名以上に聞きました】耳のピアッシングはどこが一番痛い?ボディピアスの痛かった部位

ボディピアスをたくさん開けている人でも、ピアスホールを開ける時はやはり痛いものです。 今回は耳の部位の痛みについてご紹介していきた...

ボディピアスの拡張方法
ボディピアスの基礎知識

ボディピアスの拡張方法【画像付き】痛みは?ゲージ数を飛ばしてもいい?

初めてインパクト大の拡張ホールを目にして、「かっこいい!私もやってみたい!」と思った人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?...

ピアスホールが塞がる時間
イベント

ピアスの穴ってどのくらいの時間で塞がるの?

「学校で髪の毛結ぶとピアスがバレちゃう・・外さないとだめかなあ・・」 「面接の間はピアス外したいけどその間に塞がったりしないかな・...

軟骨ピアスの位置
インダストリアル

軟骨ピアスの位置とかわいいコーディネートのコツを画像付きでご紹介!

今、軟骨ピアスは男女問わずオシャレでかわいいと大人気! イヤーロブ(耳たぶ)以外の部位も開ければより個性的なピアスコーデが楽しめます。...

ABOUT

ボディピアス専門店「凛RIN」サイトバナー

ボディピアス専門店「凛RIN」が運営するピアス情報メディアです。ピアッシングやケア・消毒方法、軟骨ピアスの部位やピアスの選び方、おすすめピアスのご紹介など初心者から上級者まで幅広くお楽しみいただけるコンテンツを発信しています。

スター特集2020

ジュエルから星・月・惑星モチーフまで!凛RINの夜空に輝くスターモチーフ特集!

ボディピアス専門店RIN2020年年間ランキング2020

ボディピアス専門店凛RINの年間ランキング!2020年に最も売れたボディピアスをご紹介します!

和ものピアス特集2020

凛RINオリジナルの和風のボディピアス特集!鬼や狐のお面や美しい和柄のモチーフをご紹介♪

トラガスにみんな夢中!

人気特集がリニューアル♪人気の軟骨部位のトラガスピアスのコーデをCheck★

コーディネート

凛RINおすすめの軟骨ピアスコーディネートをご紹介!組み合わせてコーデするとおしゃれの幅が広がります★

RINピアッサー特集バナー

失敗しない!ピアスの穴あけの必需品♪耳たぶからへそ眉まで部位別痛みの少ないおすすめピアッサー特集★


TOP