ボディピアス専門店凛の軟骨ピアス情報ブログです!軟骨ピアス開け方や痛み・おすすめのボディピアス等の情報メディアをお届けします♪SHIBUYA109や新宿ALTA等に実店舗があり、オンラインショップ通販でもお安くお買い物できます!
   

口ピアス・ラブレットの基礎知識~開け方・位置・痛み~

ラブレットの基礎知識
芸能人やアーティストから一般的にも人気が浸透してきている口ピアス。

口周辺も開ける場所によって名称が異なります。
今回は口ピアスの名称・位置の違い・開け方などについてご紹介していきます!

ボディピアス専門店凛RINの立爪ジュエルラブレットのバナー画像
.
ボディピアス専門店凛RINのバレない透明強化ガラスピアスのバナー画像

口ピアスの部位は何種類あるの?

下唇の真ん中の下の位置を「ラブレット」、唇の淵にに一番近いところを「リップ」と呼び、この二つの部位がみなさんが一番よく見かける口ピアスではないでしょうか?

キャプティブビーズリングや、サーキュラーバーベル、スパイラルバーベルなどリング系のアイテムを着ける事が出来ます。

その他にも様々な名称があります。
口ピアスの名称一覧

  • 下唇の下側…「ラブレット」※低い位置に開けたラブレットを「ロウブレット」と表記される場合もあります。
  • 下唇の淵に一番近い部位…「リップ
  • 上唇の向かって左側…「マドンナ」、 右側…「モンロー
  • 鼻の下の中心の窪んでいる部分…「メデューサ
  • 口内へは貫通せず唇の表面にするピアッシングで縦は「バーティカルリップ」横に開けるこおとを「ホリゾンタルリップ」

このように“口ピアス”の中でも細かく見ていくと色々な名称があります。

バンドマンの方がラブレット等に開けているのを見かけたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

口ピアスの開け方

口ピアスは自分で開けるのは難しい?

ピアッサーやニードルで開けることが可能で軟骨部ではないため貫通させること自体はそこまで難しい部位ではありません。

ただし、自身で位置やバランスを確認ながらピアッシングするのは難しく、特に口を開けた時に歯に当たらない位置や角度などを調整するのはそれなりの技術が必要です。

理想の位置に開けることが出来なかったり、開けてみてから角度に失敗し歯茎に当たることに気づいたりするのも少なくありません。

口ピアスは口腔内に接しているため膿みやすい部位なので、トラブルを防ぐためにも知識豊富な病院等でのピアッシングをオススメします!

ピアスホールの安定は個人差と開ける方法で差が出てきますが、おおよそ1ヶ月~半年くらいです。

痛みや腫れ具合にも個人差があり一概には言えませんが、開けてから約3日~1週間程度、痛みや違和感が続くことが多いようです。

数日たっても耐えられない痛みや腫れが長く続くようであれば、早めに病院に相談するようにしましょう。

ピアッサーで開ける方法

唇専用のピアッサーが販売されており、チタン製やサージカルステンレス製などのファーストピアスがセットされているものが多いので、手軽にピアッシングすることが可能です。

ピアッサーで開けるメリットは、なんといってもニードルで開ける時と違って準備が少なく済むこと♪

金属アレルギー等に強いとされる素材のファーストピアスがセットされていて、別途素材・サイズ・形状を調べて用意する手間がかからないのが魅力です。

ただし、自身で唇を引っ張りながら力を込めてスライダーを押し込む必要があるため、マーキングした場所からズレないように注意しなければなりません。

先ほどもお話しした通り口を開けた時歯に引っ掛からない位置を事前にシュミレーションしてから開ける必要があります。

【用意するもの】
  1. 唇用ピアッサー(決して耳用などは代用しないこと!)
  2. マーキングペン又はアイライナー
  3. 清潔なコットンまたはティッシュ
  4. タオル

【ピアッシングの手順】

手順 ポイント&注意点
STEP1 開けたい部分を消毒します。 手は事前に清潔にしておきましょう。消毒用のアルコールシートや消毒液を浸したコットンだとふき取りやすいですよ。
STEP2 開けたい位置にマジックかアイライナーで印をつけます。 特にラブレットはセンターからズレると後から気になるので、鏡かスマートフォンで撮影してこの時正面や横など違う角度からもバランスを確認しておきましょう。
STEP3 位置が決まったら口の内側と針先を希望の位置にあてがいます。 位置がブレないためにも裏面表面共にぴったりとつけておきましょう。裏面を着けてから針先が皮膚に当たるギリギリまでピアッサーを押しておくのがポイントです。
STEP4 ピアッサーを深く握り、最後までバネを押し込み穴を開けます。 躊躇したり押し込む力が弱いと、貫通しきらずに途中で止まる可能性がありますので、思いきって最後まで押し込んでください。軽く握っているとブレの原因にもなるのでピアッサーはしっかり握りましょう!
STEP5 ファーストピアスとキャッチが装着されれば完成です! キャッチが奥まで装着されていない場合は押し込んでしっかり装着しておきましょう。
point事前に手は丁寧に洗っておいて、不潔な手でピアッサーや耳を触らないようにしましょう。
pointピアッサーは針先が刺さると同時にファーストピアスがセットされるので、針先が口の内側に来るようにセットしてくださいね!外から刺してしまうとラブレットのディスク(平らな方)が外になってしまいます!
pointピアッサーをセットする時は内側・外側共に皮膚にピッタリつけて皮膚に対して斜めにならないようにしましょう。
唇用ピアッサーはこちらをクリック
[14G]くち用ピアッサー/純チタン製/シルバー/フラット/軟骨ピアス/ボディピアス/ボディーピアス/ボディピ/ピアス「BP」「ピアッサー」 | ボディピアス専門店 凛
[14G]くち用ピアッサー/純チタン製/シルバー/フラット/軟骨ピアス/ボディピ…
【ボディピアス ボディーピアス サージカルステンレス 軟骨ピアス 】
[14G]くち用ピアッサー/純チタン製/シルバー/フラット/軟骨ピアス/ボディピ…

下記の動画で唇用ピアッサーを使用したピアッシングの手順が解説されていますので、参考にしてみてください!

ニードルで開ける・セルフピアッシング方法

ニードルで開けるメリットは、角度の調整がしやすいこと、好きなファーストピアスの形状・種類・サイズを選べることです。

また、ピアッサーで開けるよりもニードルで開けるほうがホールの安定が早く、きれいなホールに仕上がるとされています。

ニードルの場合もピアッサーと同様角度に注意しながら開けるにはそれなりのテクニックや予備知識が必要になります。

過去に耳などを開けたことがありニードルの扱いに慣れていて、早くきれいなホールを完成させたい、つけたいファーストピアスがある!という人はニードルで開けることをオススメします。

【用意するもの】
  1. ニードル(14Gや16Gがオススメ)
  2. ファーストピアス(ニードルと同ゲージがオススメ)
  3. マーキングペン又はアイライナー
  4. 消しゴム、またはコルク
  5. 清潔なコットンまたはティッシュ
  6. タオル
  7. 軟膏(チューブタイプがオススメ)
  8. ゴム手袋(あると便利)

※ニードルを始め、使用するものは全て、新品や滅菌済みのもの、または煮沸消毒を行うなどした清潔なものを使用して下さい。

※ピアッシングを行う前に手をよく洗い、ピアッシングする部位は消毒液を浸したコットンなどでふき取り清潔にしておきましょう。

【ニードルで開ける手順】

ラブレットをニードルで開ける手順

手順 ポイント&注意点
STEP1 開けたい位置にマジックかアイライナーで印をつけます。 鏡かスマートフォンで撮影してこの時正面や横など違う角度からもバランスを確認しておきましょう。特に口を開けた時にピアスが歯に当たらない位置にする必要があります。
STEP2 ニードルの先を軟膏のチューブに入れ、内側と外側に軟膏が付いた状態を作ります。 先端から全体の三分の一程度まで入れます。チューブタイプだと付けやすいです。
STEP3 位置が決まったらニードルを刺します。 焦って一気に貫通させずに角度を確認しながら押し進めること。唇を歪んで引っ張ってしまうとニードルが希望とは違う位置に貫通する恐れがあるので注意が必要です。角度が斜めになってしまうとラブレットのディスクが歯に斜めに当たって痛みを感じます。
STEP4 貫通したら10~15分ほどおき、角度や深さが希望通りか確認します。 ここで皮膚の緊張をほぐしニードルを動かしやすくするために少し休ませます。その間に角度が斜めになっていないか確認します。特にラブレットは唇の中心からズレていると目立ちます。この間ニードルが歯茎などに刺さらないようにニードルの先に小さな消しゴムかカバーをつけておくとよいですよ。
STEP5 ニードルの先端(口内に出ている方)にファーストピアスのシャフトをあてがい、キャッチを押しながらニードルを口の外側に引き抜きます。 ファーストピアスの接続失敗を防ぐため、シャフトがニードルから抜けないよう注意しましょう!ラブレットは口内から装着します!間違って口の外から内側へ装着しないよう注意しましょう!
STEP6 ホールにファーストピアスが装着され、キャッチをしめれば完成です! 唾液ですべってなかなか付けられない時は少し休んでからやってみるか、ゴム手袋をつけて試してみてください。
pointラブレットは特にセンターから位置がズレると目立ちます。ニードルを刺していく途中も曲がっていないか位置が角度が大丈夫か外や内側から確認しましょう。
point口内へ向かって刺すので、先端が余計なところに刺さらないよう注意し、事前にニードルのキャップか小さく切った消しゴムを用意しておくとよいですよ。

ラブレットを病院・スタジオで開ける

ピアススタジオで開ける場合

ピアススタジオで開けるメリットは経験豊富なプロの方が角度や位置などの相談にも乗ってくれることと、ファーストピアスに選べる種類やデザインが多いことです。(スタジオによって異なります)

ピアスホールを綺麗に開けたい方や今後複数開けたい方、角度に悩んでいる人はピアススタジオの方に相談してみましょう。

ピアススタジオによって料金やボディピアスの持ち込みが可能なのかスタジオで用意してくれるのかが異なるため、事前予約の際にそちらも確認しておきましょう。

病院で開ける場合

最近の皮膚科・美容外科などでは口ピアスに対応してくれるところがあるようです。

病院で開けるメリットは衛生的な環境で開けられることと、料金が高くなりますが希望であれば麻酔の施術を受けられることです。

ただ、病院のお医者さんは”ボディピアスに詳しい人”ではないため、位置や角度は事前のカウンセリングの際に詳細に伝えておかないと希望通りの角度にならなかった…ということも考えられます。

施術の前にどのような位置に開けたいかのカウンセリングがありますので、イメージの写真などを持っていくとよいかもしれませんね。

ピアススタジオと病院の料金は様々ですが、麻酔代やファーストピアスの代金を含まない場合はそこまで大きく変わらない場合もあります。

開ける時の痛みが気になる方は、麻酔でのピアッシングを行っている病院もあるそうなので、予約の際などに相談してみてください。

口ピアス(ラブレット・リップ)のボディピアス

口ピアス(ラブレット・リップ)のファーストピアス

唇に近いところへのピアッシングは、まずファーストピアスにラブレットスタッドをおすすめします。

ラブレットスタッドは片側が平らになっているため邪魔になりにくく、多くのボディピユーザーに好まれているアイテムです。

口へのピアッシングは他の部位に比べ腫れやすく、ファーストピアスの正しい選択が重要となってきます。

腫れたときのことを想定し、自分の唇の厚みよりも2mmほど余裕のある長さを選びましょう。

短いものを選んでしまうと腫れた際に皮膚を圧迫してしまい、痛みや炎症の原因となりますので「きついかな?」と思ったらサイズの適したボディピアスに付け替えましょう。

逆に長すぎるものは、歯に引っかかったり噛んでしまうことがあります!

ピアッシングの前にきちんと自分に適したサイズを確認し、トラブルを軽減するために形状は「ラブレットスタッド」を選びましょう。

CBRやサーキュラーバーベルは湾曲しているため、コツをつかむまでは着脱が難しいのでファーストピアスにはあまり適していません。

スタンダートなボディピアスはコチラ

ラブレットスタッドとはどんなピアス?

ラブレットスタッドとはシャフトの片側がネジ式のボールに、もう片側がフラット(平ら)になっているボディピアスです。

片側がフラットタイプのディスクになっているため、口周辺の狭い部位にも引っ掛かけることなく着用できます。

そのため口周りだけでなく、「トラガス」や「フォワードヘリックス」など狭い軟骨部位への着用もおすすめです♪

リップピアスのセカンドピアス

ラブレットにはラブレットスタッドやCBR、サーキュラーバーベルを通す人もいます。

リップならスパイラルバーベルのキャッチをコーンにカスタムするのもスタイリッシュで人気があります!

ピアスホールが安定した後は、ラブレットスタッドのキャッチを変えて自分好みにアレンジしたり、リング系のボディピアスを着ける方が多いようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Stone Heart Piercing(@stoneheartpiercing)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sachi the Queen(@sachikoxxs)がシェアした投稿

リング系のアイテムにはキャッチをはめ込んで止めるキャプティブビーズリングや、両側がネジ式になっていて着脱しやすいサーキュラーバーベル、シャフト部分がツイストしていて見た目にインパクトのあるスパイラルバーベルがあります。



スパイラルバーベルには右巻き・左巻きがあるので自分に合ったものを探してみてください。

キャッチを替えてカスタムするのもオススメです!

口ピアス(ラブレット・リップピアス)のおすすめ素材

口ピアスなどにはサージカルステンレス製のボディピアスがおすすめです。

医療器具にも使われている素材で、錆びや汚れにも強くケアしやすいといった優れた特性を持っています。

また、金属アレルギーを引き起こしにくい素材なので、ボディピアスを購入する場合はサージカルステンレス製のものをおすすめします。

特に口ピアスは食べ物や飲み物の影響を受ける部位なので、体への負担が少ない安全な素材を選んで着用するようにしましょう。

樹脂製の透明ピアスは金属よりも傷がつきやすく、菌が繁殖しやすいので常時着けておくピアスとしてはおすすめできません。

よく学校やアルバイト先に口ピアスがバレないようにシャフトを短く切った透明ピアスを着けていたという体験談を耳にしますがオススメできません。

開けたばかりのホールのピアスの着脱や透明ピアスをファーストピアスとして使用することは、切った透明ピアスの先端でホールを傷つけたり雑菌が繁殖する可能性が高くなり、安定が遅らせる原因になってしまいます。

必要なとき以外はサージカルステンレスなどのシルバー素材のボディピアスを着けるよう心がけましょう。

リップピアス・ラブレットのアフターケア

口ピアスの基本的なケアは口内と外側の両方を毎日清潔に保つこと!

口の中のケアは1日3回~4回うがい薬などでうがいをし、ラブレットは形状上食べかすなどが残りやすいので意識してゆすぎましょう。

顔の外側はメイクをする人はホール周りに指を引っかけないように注意して洗い、ピアスと皮膚の隙間に水気が残らないように優しく拭いてください。

この際、ピアスを無理に動かす必要はなく、開けてから数日経過し痛みや腫れがなくなったらピアスを動かして汚れをケアしても大丈夫です。

ピアスに食べかすがついてゆすいだだけでは取れないという時は、歯ブラシなどでそっと取っておきましょう。

炎症の兆候が見られた際、腫れや痛みを感じる際には耳のピアスと同様に「ホットソーク」を実践してみるのもオススメです。

リップピアス・ラブレットの違和感・痛み・腫れ・トラブル

口の中は細菌が多く、腫れなどのトラブルが起きやすい部位です。

ホールが安定するまでは、上でもお伝えしましたが、食事をとった後はすぐうがい薬などで洗い流したり、喫煙される方は、安定するまでは控える事をオススメします。

口ピアスだけでなく、トラブルを回避するために一番大切なのは、常に清潔を心がける事です。

腫れがひかない、痛みが続くなど少しでもおかしいな?と思うことがある場合は早めに病院に相談しましょう。

口ピアスを安定させるには?

開けたてのピアスの基本はケア以外の時に触らないこと!

気になって汚れた手で触ったり口内は舌で動かす人がいますが、安定が遅くなったりホールを傷つける可能性が高くなってしまいます。

また、口の中で舌をもごもご動かしているのは意外と周囲はわかってしまいますし、あまりお行儀がよくはありませんので控えたほうがよいでしょう。

口ピアス・ラブレットのダミー

学校の校則が厳しかったり、仕事柄ピアスが開けられない方は、口ピアスのダミーがオススメです。

耳たぶでいうイヤーカフのようなものです。気軽に口ピアスの感覚が味わえてお洒落の幅も広がります。

インターネット通販や、ピアス専門店でも販売している所もあるそうなので、気になる方は一度調べてみてもいいかもしれません。

リップピアス・口ピアスまとめ

口ピアスは、菌が多い口腔内へのピアッシングなので、耳などよりも化膿しやすく注意が必要です。

また、顔周りの目立つピアッシングは学校や仕事柄着けられない方はオススメ出来ません。
歯医者に行く際にも、邪魔にならないよう外すようにしましょう。

安定したら付け替えることができるようになり、もっとオシャレの幅が広がりますよ♪

ボディピアス専門店凛RINのワンタッチセグメントリングのバナー画像
.
ボディピアス専門店凛RINのストレートバーベルのバナー画像

★凛では定番サージカルステンレスの他にもかわいい軟骨ピアスをたくさん取り扱っております!
インターネット通販ページでもご購入いただけますので是非ご覧ください♪

凛オススメの可愛い軟骨ピアスはこちらをクリック
18G14Gハートジュエル可愛いボディピアスへそピアスの画像 16Gバルーン風船ジュエルウサギコアラクマの可愛い軟骨ピアスの画像 16G天使の羽モチーフ軟骨ピアスの画像
16Gエンジェルデビル天使と悪魔軟骨ピアスの画像 ボディピアス専門店凛のオリジナル蝶々モチーフ二連チェーン軟骨ピアス用キャッチの画像 蝙蝠・地雷系やゴシック系コウモリモチーフ軟骨ピアス用チャームの画像

シェアする

フォローする

関連記事

ボディピアスの部位紹介
インダストリアルピアス

軟骨ピアスのかわいい位置紹介~ロック・スナッグ・トラガスって?~

ボディピアスで特に人気の軟骨ピアス、耳だけでも開けている位置ごとに様々な名称があってなかなか覚えられませんよね。 そんな軟骨ピアスの位...

【上級者向け】ヴァンパイアやマディソン等!珍しいボディピアスの部位を大解剖!
イベント(季節・行事のボディピアス)

ヴァンパイアやマディソン等!珍しいボディピアスの部位を大解剖!【上級者向け】

顔より下の体に着けるボディピアスの部位で一番有名な名称は「へそピアス」ではないでしょうか? しかし、へそピアスは縦と横の開け方で違...

【ラブレット・セプタムも!】顔の珍しいボディピアスの部位をご紹介!【上級者向け】
イベント(季節・行事のボディピアス)

口ピアスやセプタムも!顔に開ける珍しいボディピアスの部位をご紹介!

みなさんは顔面に開けるピアスの部位・名称をどれだけご存じでしょうか? 着用写真やよく使用されるファーストピアスの形状と共に顔の珍し...

スクランパーはバレない?
ボディピアスの悩み・疑問

牙ピアス・スクランパーは学校ではバレない?歯医者さんへ付けていける?

牙風ピアスで一気に人気が急上昇したスクランパー!開けたいと考えている方も多いのではないでしょうか? 「でも学校へピアスはつけていけ...

人気の記事

トラガス排除
トラガス

トラガスピアスは排除されたら跡は残る?ちぎれたら開け直し出来る?

多くの年齢層におしゃれで人気のトラガスは安定するまでのトラブルも多く、開けた後ホールが排除してしまわないか心配になる人も多いようです。...

軟骨ピアスを病院であけるアイキャッチ
ボディピアスの悩み・疑問

軟骨ピアスを病院で穴あけするなら?開ける病院の選び方と注意点

軟骨ピアスをセルフで開けるかか病院で開けるか迷っている人は、かかる費用や病院で開けるメリットを知っておきましょう! 下記では穴あけ...

大人気の軟骨ピアス・トラガス
トラガス

トラガスは芸能人にも大人気!おすすめの軟骨ピアス紹介

今大注目の軟骨ピアスの部位トラガスと開けている芸能人の方などをご紹介! . トラガスピアスって耳のどの位置? ...

【14Gと16Gどっちがいいの?】ニードルと軟骨ピアスの接続のコツ!
ニードル

【14Gと16Gどっちがいい?】ニードルと軟骨ピアスの接続のコツ!同じゲージの接続とは?

ニードルを使ってセルフピアッシングをした方の体験談には「ニードルとピアスの接続が難しかった」という意見が見られます。 どうしてニー...

ピアスホールが塞がる時間
イベント(季節・行事のボディピアス)

ピアスの穴ってどのくらいの時間で塞がるの?

「学校で髪の毛結ぶとピアスがバレちゃう・・外さないとだめかなあ・・」 「面接の間はピアス外したいけどその間に塞がったりしないかな・...

ABOUT

ボディピアス専門店凛の通販サイトバナー

ボディピアス専門店「凛」が運営するピアス記事情報メディアです。軟骨ピアスの開け方(セルフピアッシング)やアフターケア・軟骨ピアスの消毒方法、軟骨ピアスの部位や位置、ピアスの選び方、おすすめ軟骨ピアスのご紹介など、初心者から上級者まで幅広くお楽しみいただけるコンテンツを発信しています。上記の画像から公式通販サイトに飛べます♪

スター特集2020

ジュエルから星・月・惑星モチーフまで!凛の夜空に輝くスターモチーフ特集!

ボディピアス専門店凛のハロウィン特集2021年

ボディピアス専門店凛のハロウィン特集2021!十字架・棺桶・ジャックオランタンなどかわいいモチーフをご紹介★

和ものピアス特集2020

凛オリジナルの和風のボディピアス特集!鬼や狐のお面や美しい和柄のモチーフをご紹介♪

トラガスにみんな夢中!

人気特集がリニューアル♪人気の軟骨部位のトラガスピアスのコーデをCheck★

コーディネート

凛おすすめの軟骨ピアスコーディネートをご紹介!組み合わせてコーデするとおしゃれの幅が広がります★

凛ピアッサー特集バナー

失敗しない!ピアスの穴あけの必需品♪耳たぶからへそ眉まで部位別痛みの少ないおすすめピアッサー特集★


TOP