鼻ピアス~ボディピアスの基礎知識~

鼻ピアスはピアスの中でも顔の中心に着けるので、とても印象的な部位です。
しかし開けるのも、ケアもなかなか大変な部位なのです。
意外と知らない鼻ピアスについてご紹介したいと思います。

鼻ピアスの意味

日本ではまだ馴染みのないピアスですが、インドでは女性は鼻ピアスを着ける文化があります。
結婚が決まった女性は、花嫁を表すシンボルとして身に着けているそうです。

鼻ピアスの開け方

鼻ピアスを開ける位置と名称

スタッドタイプバナナバーベル スクリュータイプバナナバーベル

一般的に開ける部分は「ノストリル」という鼻のライン辺りに行うピアッシングです。
右、左どちらに開けても名称は一緒です。
こちらの部位に使われるピアスは、先端が丸くなっているストレートタイプの「スタッド」や先端が湾曲した形の「スクリュー」「ノーズリング」があります。

ノストリルの基礎知識~開け方・着け方・痛み~
今回は顔のピアスの中でも比較的馴染みのある鼻ピアス【ノストリル】のご紹介です♪ ノストリルとは? ノストリルってどこ? ノストリルとは鼻ピアスの一種で、小鼻にするピアッシングの事を指します。…
ノストリルに着けられるピアスはコチラ

また、海外のアーティスト達の中で流行っている部位で、鼻の穴と穴の間にある皮膚部分へのピアッシングを「セプタム」と言います。
こちらは、キャプティブビーズリングやサーキュラーバーベルなどのリング系を通して楽しみます。

セプタムの基礎知識 ~開け方・着け方・痛み~
今回はここ最近SNSや海外アーティストの影響からじわじわと人気の出てきている【セプタム】のご紹介です! セプタムとは? セプタムってどこ? 鼻中隔にするピアスをセプタムと呼びます。 鼻の穴と鼻…
セプタムに着けられるピアスはコチラ

他にも、眉間より下あたりに行うピアッシングをブリッジと言います。
目と目の間あたりにピアッシングする人が多く見受けられ、日本ではまだまだマイナーでつけている人はそう多くありません。

ブリッジピアスの基礎知識~開け方・着け方・痛み~
今回はまだまだ日本ではマイナーなボディピアスの部位である鼻ピアスの一種 【ブリッジピアス】のご紹介です♪ ブリッジピアスとは? ブリッジピアスってどこ? ブリッジとは鼻の付け根、眉間より下…

鼻ピアスを開ける

鼻ピアス用のピアッサーや、セルフ用のニードルは通販などで購入可能ですが、難しい部位でトラブルの原因になるのでセルフはオススメ出来ません。
ニードルを使用しても、硬くかなり力がいるのでホールが歪んでしまう場合もあるそうです。鼻の内部はかなり敏感で、他の部位と比べても分厚いので痛みを感じる人も多いそうです。医療機関で行うピアッシングでは、麻酔をしてから行う事が多いので特に痛みは感じないようです。
痛みを抑えたい方や、綺麗に開けたい方、トラブルを避けたい方は専門知識のある医療機関や、スタジオで開ける事をオススメします。

鼻ピアスのアフターケア

ピアスホールは他の部位でも化膿するのはよくあるトラブルです。
しかし、鼻ピアスは顔の中心なので化膿すると見た目にもあまり好ましくないと思います。
特に鼻ピアスは鼻の内側には常在菌が多く、炎症が起きやすいので注意が必要です。トラブルを防ぐためにも、しっかり毎日のアフターケアが重要になります。

ケア方法

「ノストリル」のファーストピアスにはリングタイプがオススメです。くるくる動かせるので手の届きにくい場所もケア出来ます。

ケアは耳たぶと一緒で洗浄を1日1回は必ず行ってください。

  • シャワー時に行い、暖かいお湯でピアスをよく洗います。
  • 家庭にある石鹸やボディーソープを泡たて、ピアスに載せて2~3分置きます。
  • 最後はしっかり洗い流してください。
    トラブルの回避は清潔を保つ事が第一条件です。
    ホールの安定は個人差もありますが、半年~1年程は見ておくべきでしょう。
    ホール完成まではファーストピアスを外さないでください。

最後に

鼻ピアスは顔周りの目立つピアッシングなので、学校や仕事柄着けられない方はオススメ出来ません。
耳たぶとは違い、皮膚も硬く炎症しやすいのでケアを毎日怠らず行ってください。
ホールが完成したらボディピアスライフを楽しんでくださいね。

【オススメの鼻ピアスはこちら】
へそピアス へそピアス へそピアス
へそピアス へそピアス へそピアス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの特集

凛りんバナー
スターアイテム2018年版 トラガス特集 スタンダードアイテム