ストレートバーベルってどんなピアス?~特徴・着け方・外し方~

今回は今更聞けないボディピアスの種類、形状についてのご紹介【ストレートバーベル編】です!

ストレートバーベル画像

ストレートバーベルとは?(形状、サイズ)

ストレートバーベルの特徴

ストレートバーベルとは名前の通りストレート、まっすぐな形をしたバーベルタイプのボディピアスの名称です!1番スタンダードなストレートバーベルは両サイドに丸いボール状のパーツが付いており、「ボールキャッチ」「キャッチ」などと呼ばれます!また中央の棒状のパーツは「シャフト」と呼ばれます。
基本、シャフトの両サイドがネジ式になっており両方のボールキャッチが外れます。
スタンダードな形をしているため様々な部位への使用が可能です!

ストレートバーベルのシャフト(長さ)

ストレートバーベルのボールキャッチを外し、ネジ山部分を抜いたシャフトの長さを内径と呼びます!短いものでは内径4mm程度から長いものでは内径50mm(5cm)を超えるものまで販売されています。
長さの種類が豊富なため、自身の耳の厚みに合わせて選ぶことが出来ます♪また2つの軟骨ピアスを繋ぐインダストリアルにも内径の長いストレートバーベルを使用します。

ストレートバーベルのゲージ(太さ)

太さを表す単位をG(ゲージ)といい、Gの前につく数字が小さくなればなるほど太さは太くなります!(例14Gより18Gの方が細い)また日本では偶数のゲージが一般的で、15Gなどの奇数のゲージは日本ではあまり見かけません。
ストレートバーベルは細いものでは20G(0.8mm程度)、太いものだと00G(10mm)まで販売されています♪

ストレートバーベルのキャッチ

ストレートバーベルは上記でも説明したように両サイドのボールキャッチが両方とも外れるようになっています(※中には片方のみ外れるものもあります)
なので、両サイドのキャッチをモチーフやジュエルのついたものなどに変えてオリジナルカスタムのストレートバーベルにする事も出来ちゃいます♪
また透明タイプのキャッチも販売されており、こちらはピアスホールを隠したい時などに活躍します。

凛りんのオススメキャッチはこちら
キャッチ画像 キャッチ画像 キャッチ画像

ストレートバーベルが着用できる部位

耳たぶ

ストレートバーベルを耳たぶに使用する際は内径が4mm〜8mm程度のものがおすすめです!しかし内径が短すぎるとキャッチ部分が食い込んでしまったり、また長すぎても髪や服に引っ掛けてしまう可能性があるので自身耳たぶの厚みにあったものを使用すると良いでしょう♪
シンプルなボールキャッチタイプのストレートバーベルは耳たぶのファーストピアスにもオススメです!ファーストピアスとして使用する際は耳たぶの厚み+2mm程度長めのものを選ぶと良いでしょう♪

サイズ画像

耳の軟骨部

ストレートバーベルはアウターコンク、ヘリックス、インナーコンクなどの耳の軟骨部にも使用可能です!軟骨部へ使用する際は耳たぶより少し長さに余裕のあるものを選ぶと良いでしょう♪また軟骨部のファーストピアスとしても使用が出来、ファーストピアスとして使用する際はシンプルなボールキャッチタイプのものを選び、内径は軟骨部の厚み+2mm程度余裕のあるものを選びましょう!(部位によって腫れ方が違うので部位にあった長さ選びを行なってくださいね♪)

ストレートバーベルは舌ピアスとしても人気があります♪
定番のボールキャッチタイプや、ストーンの入ったキャッチへカスタムしたり、厚みがなく表面がツルツルしているものであればモチーフのものも使用できます♪また舌ピアスのファーストピアスとしても使用されることが多く、ゲージは14G、長さは18mm程度のものが一般的のようです!

インダストリアル

上記でも少し触れましたが、2つの軟骨部のホールを繋ぐインダストリアルにも使用されます!インダストリアルに使用されるような長さの長いストレートバーベルはロングバーベルなど呼ばれる事もあります♪インダストリアルはホールを開ける位置によって長さが様々なのでしっかりとホールとホールの距離を測ってそれにあった長さのストレートバーベルを選ぶようにしましょう♪

ストレートバーベルの着け方

?画像

ボールキャッチを外す

ストレートバーベルについているボールキャッチの片方を外します。
両手でボールキャッチの部分を持ち、右側を外す場合は自分側にボールキャッチをねじり、左側を外す場合は自分と反対側にボールキャッチをねじるようにすると外れます♪
(仕様によっては上記とねじる方向が反対のストレートバーベルもあります)

ストレートバーベルを通す

ボールキャッチが外れたらボールキャッチを外した方からピアスホールへ通します。
シャフトが反対側から出てきたら外していない方のボールキャッチが耳に触れるまで押しこみます。

ボールキャッチをつける

ストレートバーベルがホールに通ったら先ほど外したボールキャッチをネジの受け部分が上になるようにつまみます。
ボールキャッチを持っていない方の手でストレートバーベルと耳を固定し、シャフトのネジ山とボールキャッチの受け部分を合わせ、ボールキャッチを外した際と反対方向に回し、しっかりとボールキャッチが回らなくなるまで回します♪

ストレートバーベルの外し方

ストレートバーベルを外すコツ

ストレートバーベルを外す際は片手でしっかりとストレートバーベルを固定し、もう片方の手でキャッチをねじるようにします。この際ストレートバーベルとキャッチを互い違いの方向にねじるようなイメージでねじると外しやすいですよ♪

ストレートバーベルが外せないときは?

ストレートバーベルがどうしても外れない…というときはゴム手袋などを着用し、ストレートバーベルと指の間に摩擦が働かないようにすると外れやすくなります!それでも外れないほどキャッチ固くしまってしまっている場合はペンチを用意し、シャフト部分をペンチで挟み、シャフトが回ってしまわないよう固定するとキャッチが外れやすくなります。
ゴム手袋やペンチは100円均一でも売られているのでストレートバーベルが外れない際は試してみてください♪

ストレートバーベルのオススメ収納方法

ストレートバーベルを収納する際はキャッチがしっかりはまっているか確認してキャッチをつけたまま収納するとキャッチとシャフトが外れて何処かへ行ってしまった…なんて事を防げます!
またストレートバーベルを沢山持っている方は小さく仕切られているピルケースやアクセサリーケースを使用し、長さや太さ毎に分けて収納すると、使用する際に使いたい長さ、太さのストレートバーベルをパッと見つけることがが出来ます♪

ストレートバーベルはどこで売ってる?

ストレートバーベルはアクセサリーを取り扱っている雑貨屋さんやネットショップでも売られています♪
ボディピアスの取り扱い自体が実店舗では少なく、ネットショップの方が種類は豊富かもしれませんね♪

ストレートバーベル一覧へ

ストレートバーベルの樹脂(透明)ピアス

ストレートバーベルには透明タイプや樹脂で出来たものもあります!
ピアスホールを隠さなければならない場面や、金属アレルギーが心配な方にも使用していただけます♪しかし、ファーストピアスや安定していないピアスホールへの透明ピアスの着用は皮膚とピアスが癒着してしまう恐れがあるため危険です。

おすすめストレートバーベル

1番人気はやはりシンプルかつスタンダードなボールキャッチタイプです!
場面やコーディネートを選ばす、1つでつけても複数でボールキャッチのサイズを変えてつけてもお洒落ですね♪またキャッチ部分にストーンの入っているタイプはひとつ持っておけば大活躍する事間違いなしです!

オススメストレートバーベル画像 オススメストレートバーベル画像 オススメストレートバーベル画像
オススメストレートバーベル画像 オススメストレートバーベル画像 オススメストレートバーベル画像

いかがでしたでしょうか?
基本的はどの部位にも使用可能なストレートバーベル!
ボディピアス初心者の方はまずストレートバーベルを持っておけば間違いないかも!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの特集

凛りんバナー
スターアイテム2018年版 トラガス特集 スタンダードアイテム