ボディピアス専門店凛のボディピアス・軟骨ピアスのキュレーションメディア

ニードルでボディピアスを開けるには?方法と注意点

アフターケア
ピアスの開け方には大きく分けて「ピアッサー」「ニードル」に分けられます。
ニードルと聞いて「怖い・痛い」というイメージを持った方も多いかもしれません。しかし、使い方を間違えなければピアッサーよりも綺麗に開けることができるアイテムなんです!
今回はそんなニードルについて、開け方と一緒にご紹介していきます♪

ニードルとは?

ニードルは、先端が斜めにカットされている特殊な針です。医療器具としても使われており、針の先端には切れ味をよくするために研磨加工が施されています。
ピアッサーとは違い雑貨屋などで気軽に購入することはできないため、通販で購入することが主流のようです。
一般的には滅菌処理を施し個別に包装され、無菌状態で販売されています。

ニードルでピアスを開けるメリットは?

ニードルは1本200円~500円程度と、ピアッサーよりも安価で手に入れることができます。
また、ピアッサーで開ける場合よりも傷口が綺麗に仕上がるため、安定までにかかる時間が短いとされています。
知識のある病院やピアススタジオなどではほとんどニードルでの施術です。特に軟骨ピアスは耳たぶよりも治癒期間が長く炎症を起こしやすい部位です。位置が良くないとピアッサーの衝撃で軟骨にヒビが入ってしまうことも…。少々手間がかかりますが炎症をおさえて綺麗にピアスホールを完成させたいという方は断然ニードルがオススメです!

ニードルでピアスを開けるデメリットは?

ピアッサーにはファーストピアスが内蔵されていますが、ニードルは穴を開けたあとにファーストピアスを自分で装着する必要があります。
また、ピアッサーと違いボタンを押して完成!というわけではないため、開ける人の腕次第で痛みや出血の量が変わっていきます。
自分の腕に自信のない方はピアッサーを使うか、病院やピアススタジオで開けてもらうようにしましょう。

ニードルでの開け方

用意するもの
・ニードル(両耳開ける場合は2つ必要)
・ファーストピアス
・マジックペン
・消毒液
・軟膏
・消しゴム
・清潔な容器

あると便利なもの
・三面鏡
・インサーションテーパー

①まずはじめに、清潔な容器に消毒液を入れ、ファーストピアスと消しゴムを30分ほど浸します。滅菌処理がされていないニードルを使う場合はニードルも一緒に消毒しましょう。

②消毒液を浸したコットンなどでピアスを開けたい部分を拭き取り、乾いたらマジックペンで印をつけます。

③ニードルの先端を半分程度軟膏のチューブに突き刺し、ニードルの内側と外側に軟膏が塗られた状態を作ります。

④マーキングした裏に消しゴムを当て、表からニードルを刺します。
※このとき、皮膚に対して垂直に刺しましょう。三面鏡を使うと様々な角度から確認することができるため、垂直な角度を見つけやすくなります。

⑤ニードルを奥まで刺しこみ、ファーストピアスをニードルの末端に押し当ててそのまま押し込み装着します。
※ぐらぐらして難しい場合はインサーションテーパーを使うと簡単に接続することができます。

⑥ファーストピアスにキャッチをはめて完成!

ニードルで開ける際の注意点

一度に数か所開ける場合、ニードルは使いまわさず新たなものを用意しましょう。
ニードルは使いまわすと先端の切れ味が悪くなり、出血や痛みが増してしまいます。さらに雑菌がピアスホールに入ってしまったり、感染症の危険が高まってしまいます。

また、ファーストピアスはニードルのゲージと揃えて使用しましょう。
ニードルよりも細いファーストピアスを使うとピアスホールに隙間ができて雑菌が入り込みやすくなってしまいます。

さいごに

傷口が綺麗に仕上がるニードルですが、慣れるまではかなり難しい作業です。
絶対に失敗したくない!という方は病院やピアススタジオで開けてもらうようにしましょう。
特にトラガスやロック、フォワードヘリックスなど複雑な形、狭い部位へのピアッシングは鏡で確認しても自分では上手く見えないため限界があるかもしれません。
トラブルなくピアスを楽しめるよう心がけましょう♪

オススメのセカンドピアス

ピアッサー画像 ピアッサー画像 ピアッサー画像
ピアッサー画像 ピアッサー画像 ピアッサー画像
ピアッサー画像 ピアッサー画像 ピアッサー画像

シェアする

フォローする

関連記事

ボディピアスの基礎知識

【初心者さん必見!】ボディピアスの基礎知識

ボディピアスってなに? ファッションの一部として大人気のピアス。耳たぶはもちろん、最近では軟骨にピアスを着けている人も。また耳だけでなく、鼻や口、おへそなどにもピアスを開けている人をよく見ますよね。 実はピアスは大きく2種類にわかれ...

ボディピアスの基礎知識

ピアスを知ろう~ボディピアスの基礎知識~

“ピアス”と聞くと、耳に着けるお洒落なアクセサリーという印象が強いですが、実はピアス文化は長い歴史を経て今に至るのです。 ピアスの歴史 ピアスには古代インダスやエジプト文明まで遡る数千年の歴史があります。古代の王族や貴族などは20歳になると...

innnerconch
インナーコンク・アウターコンク

インナーコンクの基礎知識~開け方・着け方・痛み~

軟骨ピアスの中で今注目されている部位が“インナーコンク”♪ 特に最近ではリングタイプのピアスをインナーコンクにつけて、ピアスコーデをアピールするスタイルが人気となってきています! ここでは軟骨ピアス“インナーコンク”にフ...

ボディピアスの基礎知識

ファッションピアス愛用者さんのボディピアス

普段ファッションピアスを愛用している方でもボディピアスが楽しめるってご存知ですか? ボディピアスにはゲージと呼ばれる、耳に通す部分の太さの単位(ゲージ)があります。 このゲージの中でも比較的細く、ファッションピアスとほぼ同じ太さの「18ゲー...

人気の記事

bodypiercing-helix
軟骨ピアス

軟骨ピアスの基礎知識~トラガス・ヘリックスの開け方・痛み~

以前「軟骨ピアスの位置紹介」で耳の部位のご紹介をしましたが、今回は軟骨ピアスについて詳しくご紹介します。軟骨ピアスは耳たぶと穴の開け方や痛みが異なります。 また、軟骨ピアスには様々な部位・位置がありますが、その中でも人気の部位...

earlobe_guide
軟骨ピアス

【保存版】これで安心、初めてのピアス徹底ガイド!耳たぶピアスの開け方から安定まで

今回は「初めてピアスをあける!」「ピアスに興味がある!チャレンジしてみたい!」そんな方が安心してピアスのおしゃれを楽しめるようにピアスについて詳しくご紹介しております! また、既にピアスをしている方にも参考になる情報も紹介していますので是...

bodypierce-size
軟骨ピアス

ボディピアスのサイズ選び

ボディピアスはアクセサリーショップなどでよく見かける普通のピアス、いわゆるファッションピアスと違ってサイズがあります。 サイズを間違えて買ってしまった!…なんて経験ありませんか?ボディピアスにはヘリックス、トラガス、ラブレット、など部位に...

bodypiercing-cartilage
軟骨ピアス

軟骨ピアスは痛い?痛くない?痛みを和らげるには

軟骨ピアスと言われるとどういったピアスを想像しますか?耳上部の内側に折れ曲がっている部分の「へリックス」が多いと思います。 しかし「軟骨ピアス」と言うカテゴリの中にも沢山の種類があります。今回は男女ともに人気の軟骨ピアスをご紹介します♪ ...

pierce-hall
軟骨ピアス

ピアスホール(穴)を閉じた後は耳に跡が残るの?あけ直しは可能?

いまや男女問わず、ファッションの一部としてピアスを着けている方がたくさんいます。中には耳たぶや軟骨にいくつものピアスホールがある方もいらっしゃいますよね。 しかし就職やアルバイトのタイミングでピアスホールを閉じなればいけない!なん...

ABOUT

ボディピアス専門店「凛りん」サイトバナー

ボディピアス専門店「凛りん」が運営するピアス情報メディアです。ピアッシングやケア・消毒方法、軟骨ピアスの部位やピアスの選び方、おすすめピアスのご紹介など初心者から上級者まで幅広くお楽しみいただけるコンテンツを発信しています。

ボディピアスの特集

コーディネート

凛おすすめのボディピアスコーディネートをご紹介!ひとつでもかわいいピアスですが、組み合わせてコーデするともっとおしゃれの幅が広がります★

ボディピアスって一体なに?

ボディピアスって一体なに?色んな種類や部位があって分からない!ボディピユーザーになる前にボディピアスの事をたくさん知りましょう♪

推しカラー

オシャレして推しに会いに行きたい!推しカラー別にコーデをご紹介♪

宇宙モチーフ大集合!

星・月・惑星……夜空に輝く宇宙モチーフ大集合!コーディネート多数掲載♪♪


TOP