ニードルでボディピアスを開けるには?方法と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフターケア
ピアスの開け方には大きく分けて「ピアッサー」「ニードル」に分けられます。
ニードルと聞いて「怖い・痛い」というイメージを持った方も多いかもしれません。しかし、使い方を間違えなければピアッサーよりも綺麗に開けることができるアイテムなんです!
今回はそんなニードルについて、開け方と一緒にご紹介していきます♪

ニードルとは?

ニードルは、先端が斜めにカットされている特殊な針です。医療器具としても使われており、針の先端には切れ味をよくするために研磨加工が施されています。
ピアッサーとは違い雑貨屋などで気軽に購入することはできないため、通販で購入することが主流のようです。
一般的には滅菌処理を施し個別に包装され、無菌状態で販売されています。

ニードルでピアスを開けるメリットは?

ニードルは1本200円~500円程度と、ピアッサーよりも安価で手に入れることができます。
また、ピアッサーで開ける場合よりも傷口が綺麗に仕上がるため、安定までにかかる時間が短いとされています。
知識のある病院やピアススタジオなどではほとんどニードルでの施術です。特に軟骨ピアスは耳たぶよりも治癒期間が長く炎症を起こしやすい部位です。位置が良くないとピアッサーの衝撃で軟骨にヒビが入ってしまうことも…。少々手間がかかりますが炎症をおさえて綺麗にピアスホールを完成させたいという方は断然ニードルがオススメです!

ニードルでピアスを開けるデメリットは?

ピアッサーにはファーストピアスが内蔵されていますが、ニードルは穴を開けたあとにファーストピアスを自分で装着する必要があります。
また、ピアッサーと違いボタンを押して完成!というわけではないため、開ける人の腕次第で痛みや出血の量が変わっていきます。
自分の腕に自信のない方はピアッサーを使うか、病院やピアススタジオで開けてもらうようにしましょう。

ニードルでの開け方

用意するもの
・ニードル(両耳開ける場合は2つ必要)
・ファーストピアス
・マジックペン
・消毒液
・軟膏
・消しゴム
・清潔な容器

あると便利なもの
・三面鏡
・インサーションテーパー

①まずはじめに、清潔な容器に消毒液を入れ、ファーストピアスと消しゴムを30分ほど浸します。滅菌処理がされていないニードルを使う場合はニードルも一緒に消毒しましょう。

②消毒液を浸したコットンなどでピアスを開けたい部分を拭き取り、乾いたらマジックペンで印をつけます。

③ニードルの先端を半分程度軟膏のチューブに突き刺し、ニードルの内側と外側に軟膏が塗られた状態を作ります。

④マーキングした裏に消しゴムを当て、表からニードルを刺します。
※このとき、皮膚に対して垂直に刺しましょう。三面鏡を使うと様々な角度から確認することができるため、垂直な角度を見つけやすくなります。

⑤ニードルを奥まで刺しこみ、ファーストピアスをニードルの末端に押し当ててそのまま押し込み装着します。
※ぐらぐらして難しい場合はインサーションテーパーを使うと簡単に接続することができます。

⑥ファーストピアスにキャッチをはめて完成!

ニードルで開ける際の注意点

一度に数か所開ける場合、ニードルは使いまわさず新たなものを用意しましょう。
ニードルは使いまわすと先端の切れ味が悪くなり、出血や痛みが増してしまいます。さらに雑菌がピアスホールに入ってしまったり、感染症の危険が高まってしまいます。

また、ファーストピアスはニードルのゲージと揃えて使用しましょう。
ニードルよりも細いファーストピアスを使うとピアスホールに隙間ができて雑菌が入り込みやすくなってしまいます。

さいごに

傷口が綺麗に仕上がるニードルですが、慣れるまではかなり難しい作業です。
絶対に失敗したくない!という方は病院やピアススタジオで開けてもらうようにしましょう。
特にトラガスやロック、フォワードヘリックスなど複雑な形、狭い部位へのピアッシングは鏡で確認しても自分では上手く見えないため限界があるかもしれません。
トラブルなくピアスを楽しめるよう心がけましょう♪

オススメのセカンドピアス

ピアッサー画像 ピアッサー画像 ピアッサー画像
ピアッサー画像 ピアッサー画像 ピアッサー画像
ピアッサー画像 ピアッサー画像 ピアッサー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの特集

凛りんバナー
スターアイテム2018年版 トラガス特集 スタンダードアイテム