ボディピアス専門店凛RINのボディピアス・軟骨ピアスのキュレーションメディア

ニードルでボディピアスを開けるには?方法と注意点

ニードルでボディピアスを開けるには?方法と注意点~
ピアスの開け方には大きく分けてピアッサーニードルに分けられます。

ニードルと聞いて”怖い”・”痛そう”というイメージを持った方も多いかもしれません。

しかし、使い方を間違えなければピアッサーよりも綺麗に開けることができるアイテムなんです!

今回はそんなニードルについて、開け方と一緒にご紹介していきます♪

ボディピアス専門店凛RIN_HPバナー300画像

ニードルとは?

ニードル
ニードルとは、先端が斜めにカットされている特殊な針です。

医療器具としても使われており、針の先端には切れ味をよくするために研磨加工が施されています。

ピアッサーとは違い雑貨屋などで気軽に購入することはできないため、通販で購入することが主流のようです。

一般的には滅菌処理を施し個別に包装され、無菌状態で販売されています。

※滅菌処理されていないニードルは先端の作りがガタガタしていたり色々と問題を起こす可能性があります、煮沸消毒すれば大丈夫というわけではありませんので、少しでもおかしいと感じたり自己責任で判断できない場合は使わないようにしましょう。

ニードルでピアスを開けるメリットは?

  • 一本ごとの価格は数百円とピアッサーよりも安価
  • 細かく角度の調整をしながら開けることが出来る
  • ピアッサーで開けるよりも安定が早いと言われている(個人差や部位により差あり)
  • ピアッサーで開けるよりも比較的ピアスホールにトラブルが少なくが綺麗に仕上がることが多い
  • ニードルは1本200円~500円程度と、ピアッサーよりも安価で手に入れることができます。

他といえるなら、ピアッサーは針先の面積を押しつぶして開ける方法で、ニードルは鋭く皮膚組織を裂くように開けていることになります。

そのため、ピアッサーで開けるよりもニードルで開ける方が傷口が綺麗に仕上がるため、安定までにかかる時間が短いとされています。

ピアッサーやピアスガンよりもニードルの方が皮膚への負担が少ないことの知識のある病院やピアススタジオなどでは、ほとんどの場合ニードルでの施術です。

特に軟骨ピアスは耳たぶよりも治癒期間が長く炎症を起こしやすい部位です。

位置が良くないとピアッサーの衝撃で軟骨にヒビが入ってしまった!なんて体験談も…。

少々手間がかかりますが炎症をおさえて綺麗にピアスホールを完成させたいという方は断然ニードルがオススメです!

ニードルでピアスを開けるデメリットは?

ピアッサーにはファーストピアスが内蔵されていますが、ニードルは穴を開けたあとにファーストピアスを自分で装着する必要があります。

また、ピアッサーと違いボタンを押して完成!というわけではないため、開ける人の腕次第で痛みや出血の量が変わっていきます

自分の腕に自信のない方はピアッサーを使うか、病院やピアススタジオで開けてもらうようにしましょう。

ニードルでの開け方

用意するもの
・ニードル(両耳開ける場合は2つ必要)
・ファーストピアス
・マジックペン(またはアイライナー)
・消毒液
・軟膏(チューブタイプがオススメ)
・清潔な消しゴム
・清潔な容器

あると便利なもの
・三面鏡
・インサーションテーパー

  1. まずはじめに、清潔な容器に消毒液を入れ、ファーストピアスと消しゴムを30分ほど浸します。
  2. 消毒液を浸したコットンなどでピアスを開けたい部分を拭き取り、乾いたらマジックペンで印をつけます。
  3. ニードルの先端を半分程度軟膏のチューブに突き刺し、ニードルの内側と外側に軟膏が塗られた状態を作ります。
  4. マーキングした裏に消しゴムを当て、表からニードルを刺します。
    ※このとき、皮膚に対して垂直に刺しましょう。
    三面鏡を使うと様々な角度から確認することができるため、垂直な角度を見つけやすくなります。
  5. ニードルを奥まで刺しこみ、ファーストピアスをニードルの末端に押し当ててそのまま押し込み装着します。
    ※ぐらぐらして難しい場合はインサーションテーパーを使うと簡単に接続することができます。
  6. ファーストピアスにキャッチをはめて完成!

下記記事にて写真付きでニードルでのピアッシング手順をご紹介しておりますので合わせてご覧ください。



ニードルで開ける際の注意点

一度に数か所開ける場合、ニードルは使いまわさず新たなものを用意しましょう。

ニードルは使いまわすと先端の切れ味が悪くなり、出血や痛みが増してしまいます。

さらに雑菌がピアスホールに入ってしまったり、感染症の危険が高まってしまいます。

また、ファーストピアスはニードルのゲージと揃えて使用しましょう。

ニードルよりも細いファーストピアスを使うとピアスホールに隙間ができて雑菌が入り込みやすくなってしまいます。

さいごに

傷口が綺麗に仕上がるニードルですが、慣れるまで角度の調整などはかなり難しい作業です。

絶対に失敗したくない!という方は病院やピアススタジオで開けてもらうようにしましょう。

特にトラガスやロック、フォワードヘリックスなど複雑な形、狭い部位へのピアッシングは鏡で確認しても自分では上手く見えないため限界があるかもしれません。

トラブルなくピアスを楽しめるよう心がけましょう♪


オススメのセカンドピアス

華奢リボン軟骨ピアス 誕生石カラージュエル 鍵モチーフピアス
高見えひっかかりにくい立爪ジュエルラブレットスタッドピアス画像 スプラッシュスターピアス 立体プチジュエルピアス
ボディピアスモチーフピアス スターピアス プラネットモチーフピアス

ディピアス専門店凛RIN和風桜さくらバナー300画像

シェアする

フォローする

関連記事

サーキュラーバーベル
ピアスについて

サーキュラーバーベルってどんなピアス?~特徴・着け方・外し方~

今更きけないボディピアスの種類、形状についてのご紹介、今回は【サーキュラーバーベル】のご紹介です♪ サーキュラーバーベルとは?(形...

ボディピアスの基礎知識

【保存版】ピアスの開け方とアフターケア【ピアッサーの使い方について】

高校卒業!社会人になった!20歳の誕生日にピアスデビューをする方、初めてピアスを開けるのは不安ですよね。 どうやって開けるのか...

ボディピアスの基礎知識

ボディピアスの種類と名称~ボディピアス・軟骨ピアスの基礎知識~

「バーベル?ラブレットってなに?」ボディピアス初心者の中には詳しく知らずに着用している方も多いはず…。 ボディピアス・軟骨ピア...

内径アイキャッチ
ボディピアスの基礎知識

部位ごとに紹介!オススメの内径の長さ

ボディピアスの内径の測り方・選び方 ストレートバーベルやバナナバーベルはボールとボールを直線で結んだ長さが内径となります。 また、ラ...

人気の記事

インナーコンクの基礎知識
インナーコンク・アウターコンク

軟骨ピアス・インナーコンクの基礎知識~開け方・着け方・痛み~

軟骨ピアスの中で今注目されている部位が“インナーコンク”♪ 特に最近ではリングタイプのピアスをインナーコンクにつけて、ピアスコ...

牙みたいな口内ピアススクランパーの基礎知識
ボディピアスの部位・位置

口内ピアス・スクランパーの基礎知識~開け方・着け方・痛み~

牙みたいで可愛い!と人気な部位スクランパー。 可愛いけどピアッシングが難しそうだったり、ボディピアス上級者なイメージがありませ...

軟膏の選び方
ボディピアスのトラブルとケア

軟膏の選び方・代用~ピアスホールのトラブル~

軟骨ピアスにつきものなのがピアスホールのトラブル。 トラブルが起きた時、できれば市販薬を使い自宅療法で治したいと考える人は多い...

ピアスホールに肉芽が出来た時の対処法
ボディピアスのトラブルとケア

【ピアスのトラブル!】肉芽ができた時の対処法~痛み・潰すとどうなる?~

軟骨ピアスや鼻ピアスを開けている人には肉芽が出来てしまい困ったという経験者の方も多くいますよね。 今日はトラブルが起きた時酷く...

ボディピアスのサイズ選び
ボディピアスの基礎知識

ボディピアスのサイズ選び~内径・ゲージ・キャッチの選び方~

ボディピアスはアクセサリーショップなどでよく見かける普通のピアス、いわゆるファッションピアスと違ってサイズがあります。 サイズを間違え...

ABOUT

ボディピアス専門店「凛RIN」サイトバナー

ボディピアス専門店「凛RIN」が運営するピアス情報メディアです。ピアッシングやケア・消毒方法、軟骨ピアスの部位やピアスの選び方、おすすめピアスのご紹介など初心者から上級者まで幅広くお楽しみいただけるコンテンツを発信しています。

ボディピアスの特集

トラガスにみんな夢中!

人気特集がリニューアル♪人気部位のトラガスコーデをCheck★

和物ピアス

いつものコーデに『和』をプラス*凛RINオリジナル和物ピアスを集めました

コーディネート

凛RINおすすめのボディピアスコーディネートをご紹介!組み合わせてコーデするとおしゃれの幅が広がります★

ボディピアスって一体なに?

初心者さん必見!ピアス穴あけの必需品♪部位別ピアッサーをチェック

推しカラー

オシャレして推しに会いに行きたい!推しカラー別にコーデをご紹介♪

宇宙モチーフ大集合!

星・月・惑星……夜空に輝く宇宙モチーフ大集合!コーディネート多数掲載♪♪


TOP