ボディピアスのサイズ選び

ボディピアスはアクセサリーショップなどでよく見かける普通のピアス、いわゆるファッションピアスと違ってサイズがあります。

サイズを間違えて買ってしまった!…なんて経験ありませんか?ボディピアスにはヘリックス、トラガス、ラブレット、など部位によって適したサイズが変わってきます。

サイズ感は人によって異なるので一概にコレ!とは言い難いですが、サイズの種類が多い分、自分に合うボディピアスが必ずあるんです♪

ボディピアスのゲージとは?

g

ゲージとは耳に通す部分の太さの事を言います。数字が小さくなるほど太くなります。

一般的な耳たぶ用ピアッサーの太さは16G
軟骨用ピアッサーやラブレット用ピアッサーは14Gです。
また、18Gはファッションピアスと一緒位の太さなのでボディピアス初心者さんでも気軽に取り入れられるゲージです。

▼各ゲージの太さはこちらの表をご覧ください▼

g表

ボディピアスの内径とは?

内径

内径とは耳に通す部分(シャフトと呼びます)の長さです。

通販などで購入する際は内径で悩む方も多いのではないでしょうか?

また、ぴったりサイズが良いのか、ゆとりのある方が良いのか好みも人によって異なります。耳の厚みや形は人それぞれなので、不安な方はシャフトのみの販売もあるのでそちらサイズ違いをストックしておくのも良いでしょう。

ファーストピアスで使用する際はゆとりのある内径を選んだ方がトラブルを回避出来ます。また、チャームなどを着けてカスタマイズする方もゆとりのある内径が良いでしょう。

用途によってもバラバラなので、内径を選ぶ際は注意しましょう。

▼オススメ内径一覧はこちらをご覧ください▼

内径2

大体ではありますが、内径選びの参考になればと思います。

ボディピアスのボールサイズとは?

ball
ボディピアスはファッションピアスとは違ったボール状のキャッチです。

ボールサイズが選べる商品もあります。こちらは間違って選んでしまっても装着上問題ありませんが、慣れていない状態で一番小さなサイズを選ぶとはめにくかったり、失くしてしまう事もあります。

一般的な軟骨ピアスは4mmボールが多いので、迷った際は4mmを選ぶと良いでしょう。

万能!カスタムパーツ

カスタムパーツ カスタムパーツ

上でも紹介しましたがシャフトのみの販売があります。

用途は沢山で、サイズでお悩みの方はもちろん、アレルギー対策や、オリジナルピアスを作りたい方にもオススメ!万能アイテムのカスタムパーツに大注目です!

サイズ感でお悩みの方・サイズを変えたい方

kumiawase1

ゲージ、内径も選べるので不安な方はサイズ違いで購入しても良いでしょう。

使用アイテムはこちら
へそピアス パヴェキャッチ

お洒落にこだわりたい方

kumiawase2

ボールだけじゃ物足りない!もっと可愛いピアスが良い!そんなこだわりを持つ方にはこんな方法もあります。
シャフトと同時にお気に入りのキャッチやチャームを購入して組み合わせればオリジナルピアスの完成!トレンドのDIYが気軽にチャレンジ出来ちゃう万能アイテムです♪

使用アイテムはこちら
へそピアス へそピアス パヴェキャッチ
へそピアス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの特集

凛りんバナー
スターアイテム2018年版 トラガス特集 スタンダードアイテム