ボディピアスのサイズ選び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボディピアスはアクセサリーショップなどでよく見かける普通のピアス、いわゆるファッションピアスと違ってサイズがあります。

サイズを間違えて買ってしまった!…なんて経験ありませんか?ボディピアスにはヘリックス、トラガス、ラブレット、など部位によって適したサイズが変わってきます。

サイズ感は人によって異なるので一概にコレ!とは言い難いですが、サイズの種類が多い分、自分に合うボディピアスが必ずあるんです♪

ボディピアスのゲージとは?

g

ゲージとは耳に通す部分の太さの事を言います。数字が小さくなるほど太くなります。

一般的な耳たぶ用ピアッサーの太さは16G
軟骨用ピアッサーやラブレット用ピアッサーは14Gです。
また、18Gはファッションピアスと一緒位の太さなのでボディピアス初心者さんでも気軽に取り入れられるゲージです。

▼各ゲージの太さはこちらの表をご覧ください▼

g表

  • 20G:約0.8mm
  • 18G:約1.0mm
  • 16G:約1.2mm
  • 14G:約1.6mm
  • 12G:約2.0mm
  • 10G:約2.5mm
  • 8G:約3.0mm
  • 6G:約4.0mm
  • 4G:約5.0mm
  • 2G:約6.0mm
  • 0G:約8.0mm
  • 00G:約10mm

ボディピアスの内径とは?

内径

内径とは耳に通す部分(シャフトと呼びます)の長さです。

通販などで購入する際は内径で悩む方も多いのではないでしょうか?

また、ぴったりサイズが良いのか、ゆとりのある方が良いのか好みも人によって異なります。耳の厚みや形は人それぞれなので、不安な方はシャフトのみの販売もあるのでそちらサイズ違いをストックしておくのも良いでしょう。

ファーストピアスで使用する際はゆとりのある内径を選んだ方がトラブルを回避出来ます。また、チャームなどを着けてカスタマイズする方もゆとりのある内径が良いでしょう。

用途によってもバラバラなので、内径を選ぶ際は注意しましょう。

▼オススメ内径一覧はこちらをご覧ください▼

内径2

大体ではありますが、内径選びの参考になればと思います。

ボディピアスのボールサイズとは?

ball
ボディピアスはファッションピアスとは違い、ほとんどのキャッチがねじ式になっています。

ボールサイズが選べる商品もあります。こちらは間違って選んでしまっても装着上問題ありませんが、慣れていない状態で一番小さなサイズを選ぶとはめにくかったり、失くしてしまう事もあります。

一般的な軟骨ピアスは4mmボールが多いので、迷った際は4mmを選ぶと良いでしょう。

おすすめのゲージサイズとは?

ファッションピアスと違い、ボディピアスはゲージサイズが豊富なのが魅力ですよね。ゲージサイズによっては着けられる部位が限られてきますので、ゲージサイズを選ぶ際は注意しましょう。

20G(0.8mm)

おすすめの部位:ロブ(耳たぶ)、鼻ピアス
一般的なファッションピアスが着けられるゲージサイズです。

18G(1.0mm)

おすすめの部位:ロブ(耳たぶ)
一般的なファッションピアスも着けられるゲージサイズです。

16G(1.2mm)

おすすめの部位:ロブ(耳たぶ)、ヘリックス・トラガスなどの軟骨ピアス
お花やジュエルモチーフなど、かわいらしいデザインのボディピアスに多いゲージです。ロブ(耳たぶ)のファーストピアスを16Gにするとトラブルが少なくなると言われています。

14G(1.6mm)

おすすめの部位:ロブ(耳たぶ)、ヘリックス・トラガスなどの軟骨ピアス、口ピアス、へそピアス
ジュエルピアスやスタイリッシュなボディピアス、へそピアスに多いゲージです。ヘリックスやトラガスなどの軟骨ピアスは14Gをファーストピアスにするとトラブルトラブルが少なくなると言われています。

12G(2.0mm)

おすすめの部位:ロブ(耳たぶ)
12Gになるとスタイリッシュなデザインのボディピアスが多くなってきます。14Gより少し大きめのピアスが着けられるので、グッとコーディネートがかっこよくなりますよ。

10G(2.5mm)

おすすめの部位:ロブ(耳たぶ)
10Gまで拡張が出来ればシングルフレアや10Gのキャプティブビーズリングなどのラージホール用のボディピアスが着けられます。

8G(3.0mm)

おすすめの部位:ロブ(耳たぶ)
8Gのキャプティブビーズリングやシングルフレア、ダブルフレアなどのラージホール用のボディピアスが着けられます。

6G(4.0mm)

おすすめの部位:ロブ(耳たぶ)
6Gのキャプティブビーズリングやシングルフレアなどのラージゲージのボディピアスが着けられます。

4G(5.0mm)

おすすめの部位:ロブ(耳たぶ)
フレッシュチューブやシングルフレア、ホールトゥピアス、4Gのキャプティブビーズリングなどのラージゲージのボディピアスが着けられます。

2G(6.0mm)

おすすめの部位:ロブ(耳たぶ)
ホールトゥピアスやシングルフレア、フレッシュトンネル、2Gのキャプティブビーズリングなどのラージホール用ボディピアスが着けられます。

0G(8.0mm)

おすすめの部位:ロブ(耳たぶ)
0Gのボディピアスを着けるには予めラージゲージにしたい場所を確保して拡張する必要があります。フレッシュトンネル、シングルフレアアイレット、ホールトゥピアスなどのラージゲージのボディピアスが着けられます。

00G(10mm)

おすすめの部位:ロブ(耳たぶ)
アイレットやフレッシュトンネルなどのラージゲージのボディピアスが着けれます。00Gまで拡張するには耳に十分なスペースが必要になりますが、ホールトゥピアスなどのボディピアスが映えるので、個性的なコーディネートにしたい方にはオススメです。ここまで拡張するとインパクトのあるコーディネートに出来ます。

装着部位で選ぶボディピアスのシャフトの長さは?

ボディピアスを購入して、シャフトの長さが合っていなかった!…そんな経験はありませんか?耳たぶの厚さや装着部位によって適したサイズが変わってきます。サイズ感を確認してから購入すると失敗が減りますよ♪

イヤーロブ(耳たぶ)

おすすめピアス:ストレートバーベル
耳の厚さが薄め~普通の方:6mm
耳の厚さが普通~厚めの方:8mm
耳の厚さが厚めの方:10mm

ファーストピアスに人気のサイズは8mmのシャフトです。既に安定しているピアスホールに装着する場合やぴったりサイズで着けたい方は6mmのシャフト、腫れる可能性のあるピアスホールに装着する場合やゆとりをもって着けたい方は8mmのシャフトがオススメです。

トラガス

おすすめピアス:ラブレットスタッド
耳の厚さが薄め~普通の方:6mm
耳の厚さが普通~厚めの方:8mm
耳の厚さが厚めの方:10mm

オススメの内径は6mm~8mmです。トラガスの厚みがある方はもう少し長めのシャフト(10mm~)を使用しましょう。シャフトは長すぎると髪やマスクのゴム、イヤホンなどが引っかかってしまうことがあるので自分のトラガスの厚みをよく理解して選びましょう。

ヘリックス

おすすめピアス:ストレートバーベル
耳の厚さが薄め~普通の方:6mm
耳の厚さが普通~厚めの方:8mm
耳の厚さが厚めの方:10mm

ヘリックスは軟骨ピアスの中でもひっかかりが多く腫れやすい部位なので注意が必要です。ファーストピアスや腫れる可能性がある場合はゆとりをもった長さのシャフトを使用しましょう。

アンテナヘリックス

おすすめピアス:ストレートバーベル
耳の厚さが薄め~普通の方:6mm
耳の厚さが普通~厚めの方:8mm
耳の厚さが厚めの方:10mm

こちらもヘリックスと同様、ひっかかりやすい部位なのでファーストピアスはストレートバーベルがオススメです。
ピアスホールが完成したらCBRやサーキュラーバーベルを着けるのもおしゃれですよ。

アウターコンク

おすすめピアス:ストレートバーベル
耳の厚さが薄めの方:6mm
耳の厚さが普通~厚い方:8mm~10mm

アウターコンクは場所によっては厚みがないため6mmのピアスも着けることが可能です。ファーストピアスは腫れることも考慮してゆとりのある長さを選びましょう。

インナーコンク

おすすめピアス:ストレートバーベル
耳の厚さが薄い~普通の方:6mm~8mm
耳の厚さが薄い~厚い方:8mm~10mm

インナーコンクも場所によって厚みが異なる為、注意が必要です。ファーストピアスはゆとりのある長さを選びましょう。長さが足りるか心配な方は、まずは10mmなど長めのものを選び、徐々に8mm、6mmと短いサイズを試して自分に合ったサイズを見つけるのがおすすめです。

アンチトラガス

おすすめのピアス:バナナバーベル・ストレートバーベル
耳の厚さが薄い~普通の方:8mm
耳の厚さが普通~厚い方:8mm~10mm

アンチトラガスは開ける角度によって必要な長さが変わってきます。ファーストピアスのシャフトの長さは開ける場所の厚み+5mm程度あると安心です。

ダイス

おすすめのピアス:キャプティブビーズリング(CBR)、ワンタッチリング
耳の厚さが薄い~普通の方:8mm
耳の厚さが普通~厚い方:8mm~10mm

キャプティブビーズリング(CBR)だとピアスを主張する事が出来ますよ。また、狭い部位なのでワンタッチリングなどキャッチのないタイプが簡単に着けることが出来るのでおすすめです。

インダストリアル

おすすめピアス:ストレートバーベル(ロングバーベル)
おすすめのシャフトの長さ:30mm~

インダストリアルは開ける位置や角度によってシャフトの長さが異なります。また、安定しにくい部位でもあるので、最低でも開ける距離+3mmは余裕を持たせるようにしましょう。二つのピアスホールの距離を測ってから購入すると安心です。

ボディピアスのボールサイズの選び方

ボディピアスのボールサイズは直径約3mm~8mmと幅広いサイズがあります。
サイズごとに適した部位がありますので、選ぶ際は注意しましょう。

3mm

ノーマルキャッチの中で一番小さいボールサイズです。慣れないうちは着けにくかったり失くしやすくなったりするので注意が必要です。イヤーロブ(耳たぶ)、ヘリックスなどの軟骨ピアスはもちろん、トラガスなどの狭い部位に使用するのに適しています。

4mm

一般的な軟骨ピアスのキャッチとして多く使用されているボールサイズです。迷った時は4mmサイズのボールを選ぶと良いでしょう。イヤーロブ(耳たぶ)やヘリックスなどの軟骨ピアスに適しています。

5mm

一般的なへそピアスのキャッチとして多く使用されているボールサイズです。へそピアス以外にもイヤーロブ(耳たぶ)やヘリックス、インナーコンクなどの軟骨ピアスに着けると程よく主張します。

6mm

これ一つで存在感が出るボールサイズです。へそピアスやイヤーロブ(耳たぶ)、ヘリックスやインナーコンクなどの軟骨ピアスのキャッチに使用出来ます。

8mm

ノーマルキャッチの中でも特に存在感の出るボールサイズです。主張するサイズなので、イヤーロブ(耳たぶ)やインナーコンクなどの広い部位に使用するのに適しています。

万能!カスタムパーツ

カスタムパーツ カスタムパーツ カスタムパーツ
カスタムパーツ

便利なシャフトのみの販売もありますよ。用途は沢山で、サイズでお悩みの方はもちろん、アレルギー対策や、オリジナルピアスを作りたい方にもオススメ!万能アイテムのカスタムパーツに大注目です!

サイズ感でお悩みの方・サイズを変えたい方

kumiawase1

ゲージ、内径も選べるので不安な方はサイズ違いで購入しても良いでしょう。

使用アイテムはこちら
へそピアス パヴェキャッチ

お洒落にこだわりたい方

kumiawase2

ボールだけじゃ物足りない!もっと可愛いピアスが良い!そんなこだわりを持つ方にはこんな方法もあります。
シャフトと同時にお気に入りのキャッチやチャームを購入して組み合わせればオリジナルピアスの完成!トレンドのDIYが気軽にチャレンジ出来ちゃう万能アイテムです♪

使用アイテムはこちら
へそピアス へそピアス パヴェキャッチ
へそピアス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの特集

凛りんバナー
スターアイテム2018年版 トラガス特集 スタンダードアイテム