【ピアス初心者必見】これで完璧!ピアスを開ける際に必要な道具と手順をご紹介♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はピアス初心者さんのためにピアッシングの際に用意しておきたいアイテムについてご紹介していきます!
ピアッサーは使ったことがあるけどニードルについてはよく知らない、そんな方にも参考にしていただける情報を掲載しております!

ピアスを開けるための道具はどんなものがあるの?

ピアスを開けるための道具はどんなものがあるの?

いざ、ピアスを開けてみよう!と思っても「何を準備すればいいの?」「なんか大変そう…」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ここではピアスを開けるために準備しておくと良いものをご紹介いたします。

ピアッサー・ニードル

ピアッサーはバネの力でホールを開けるもので、ピアッサーを押し、中にセットされているファーストピアスを突き刺して開ける仕組みになっています。
ピアッサーは主にアクセサリーショップやピアス専門店などで購入できます。医療用の滅菌されたものを選びましょう。

ピアッサーによって、ファーストピアスが内蔵されていないものもありますのでパッケージをよくご確認いただくと安心です!
また、軟骨用や耳たぶ用、おへそ用等部位によって使用するピアッサーが違いますので開けたい場所によって使い分けてください。

ニードルとは少し太い注射針のような形状をしています。ニードルはピアス専門店でも取り扱っていない場合がありますのでご注意ください。一度に数か所開ける場合はその数と同じ数のニードルを購入しましょう
自分の開けたい位置によってニードルのゲージ(ゲージは太さの事を指します)を選んでください。

マーキングペン

ピアスの位置を決めてマーキングするために使います。スタジオなどでも使用されている「無菌ペン」というものが販売されていますが、お手持ちのペンを使用される方が多いようです。黒色よりも赤色だと後で目立ちません。

消毒液

消毒ジェルは置いていないお店も多いのでピアッサーなどを購入する際にまとめて購入しておきましょう!できるだけ専用の消毒ジェル等を使いましょう。市販の液体消毒液は入手しやすいですが刺激が強いことと、添付時に垂れてしまう可能性があるのでオススメしません。

開ける位置を確認するための必須アイテム!できるだけ卓上に置けるような大きなものを用意しましょう。

綿棒やコットン

耳たぶの消毒やホールから出血・分泌液が出た際に使用します。必ず清潔なものを用意しましょう。

清潔な容器

ニ-ドルや別途ファーストピアスを用意する場合は無くさないために除菌した容器やお皿などがあると便利です。

消しゴムやコルク(ニードル使用時)

ニードルを使用する際耳たぶの裏側にあてがって使用します。必ず新しいものを使用しましょう!

軟膏(ニードル使用時)

ニードルでホールを開ける際には軟膏を使用します。軟膏を塗ることでニードルがスムーズに動きます。
ドルマイシン軟膏等のステロイドが入っていない成分の軟膏が良いでしょう。

ファーストピアス(ニードル使用時)

ニードルで開ける際は、ファーストピアスの準備が必要です。
同じゲージか1サイズ下のサイズを選ぶことでスムーズにピアッシングができ、ホールへの負担を減らしてくれます。

ピアッサーとニードルどっちで開けるのがいいの?

ピアッサーとニードルどっちで開けるのがいいの?
ピアッサーとニードルどちらがいいか、ピアスを開けた経験の無い多くの方が長年疑問に思っていることではないでしょうか?
ここではピアッサーとニードルのメリット・デメリットをご紹介いたします!

ピアッサーのメリット・デメリット

メリット

  • ファーストピアスを用意しなくてもよい。
  • 開けると同時にファーストピアスが装着できる。
  • 販売している店が多いため、入手しやすい

デメリット

  • ニードルと比べて安定するまでの期間が長い。
  • ファーストピアスに気に入ったデザインのものを選べない場合がある。

ピアスガンについて

病院によってはピアッシングの際にピアスガンを使用することがあります。現在一般の方もネットで購入することができます。
ただし、ピアッサーと違ってピアスガンは扱いに慣れていないとホールの位置がズレる可能性が高いため、初心者の方の使用はオススメ出来ません。

ニードルのメリット・デメリット

メリット

  • 安価で入手できる(一本数百円程度)
  • ホールの安定が早い。
  • ファーストピアスに好きなデザインを選べる。

デメリット

  • 販売しているお店が少なく、入手しにくい
  • 別途ファーストピアスを用意する必要がある。
ピアスガンとは!?ピアッサーと何がちがうの?
皆さんは【ピアスガン】をご存知でしょうか?ピアスガンも「ピアッサー」「ニードル」のようなピアッシングをする際に使用する道具です!今回はそんな【ピアスガン】のご紹介です♪ ピアッシング器具【ピ…

病院やスタジオで開けたほうがいい人って?

病院やスタジオで開けたほうがいい人って?

自分で開けることが心配な方や、ホールを絶対にまっすぐ開けたい方、難しい部位へのピアッシングの場合は病院やスタジオをおすすめいたします!

セルフピアッシングの際に難しいのは耳たぶに対し垂直に開けることです。
耳たぶに対し斜めに開けてしまうと後々ピアスホールを増やす予定の方は、近い位置に開けてしまったホールのピアス同士が引っ掛かたりする恐れがあります。

スタジオや病院では個々の耳に合わせて開けてくれるので安心です。

注意点はスタジオは”ピアスのスペシャリスト”ですが医療機関ではないことが多いためスタジオ選びは慎重に行いましょう。

病院だと清潔な環境下で施術を受けることが出来ますがピアスの扱いに慣れていない方が担当されることもあります。
麻酔中にこの”ピアスどうやってつけるの?”とお医者さんに聞かれたという体験談も…。病院の口コミやピアッシングの実績を確認すると良いでしょう。

スタジオ・病院どちらもセルフで開ける時の倍以上の費用が掛かりますが、希望の開けたい部位や今後ホールを増やす予定のある方やキレイに開けたい方は利用を考えてもいいかもしれません。

ピアスを開ける位置を決めよう

ピアスを開ける位置を決めよう

開ける位置によって準備するピアッサーやニードルのゲージ(太さ)が違うためまずは開ける位置を決めましょう!

一番スタンダードな位置は耳たぶ(イヤーロブ)です。

ピアッシングの時は耳たぶの中心からやや下に開けるのがオススメです。
アクセサリーショップでよく売られているピアスは耳たぶにつけるものがほとんどで、モチーフの大きいものや、ぶら下がっているピアス等種類やデザインも豊富です!
軟骨などに比べて安定するまでの期間も短いため、ピアスの中では一番メジャーな部位となっております。

次に人気なのはヘリックスと呼ばれる位置です。
ヘリックスは耳の淵の軟骨の事で、軟骨ピアスというと真っ先に思い浮かぶ位置ではないでしょうか?

軟骨ピアスの位置紹介
ボディピアスで特に人気の軟骨ピアス。 開けている位置ごとに様々な名称があってなかなか覚えられませんよね。 今回は軟骨ピアスの位置ごとにたっぷりご紹介していきます! 軟骨ピアスの位置紹介「ヘリ…

ピアスを開けるベストな時期は?

ピアスを開けるベストな時期は?

ホールを開けてから安定するまで耳たぶであれば大体一か月程度ファーストピアスを着けっぱなしにしなければならないため、開けるタイミングは重要です。

春は新学期やイベントごと、勤務先の事情で外さなければならない人も多いし、夏は夏休みなど長期休暇のある方は開けるのに最適ですが開けたあと汗や海に入らないようにするなど清潔に保つことに注意を払わなければいけません。

冬も長期休暇がありますがスノーボード等ウィンタースポーツが趣味の方は気を付けた方が良いでしょう。

ご自身の予定を踏まえてピアッシングに良い時期を計画することをおすすめいたします!

ピアスを開けるのにおすすめの季節・時期は?夏はピアッシングNGって本当?
ピアスを開けるオススメの季節は? 新年度や新学期といった節目の時期になると生活環境が変わったりするので お洒落な洋服やアクセサリーを新しく購入してイメージチェンジしたくなっちゃいますよね!?…

ファーストピアスの選び方

ファーストピアスには耳たぶ用・軟骨用など用途別や、チタンやステンレスなど素材別で様々な種類があり、開けたい部位によって選ぶファーストピアスが異なります
ファーストピアスはホールを開けた瞬間から安定するまで着けっぱなしになるモノなので安全なものを選びましょう!
また、ピアッサーの多くはファーストピアスが内蔵されている事が多いためパッケージをよく読んで選んでくださいね!

耳たぶにピアッサーでピアッシングをしたい方は16G(ゲージと読みます)のピアッサーがオススメです。
16Gにピアッサーで開け、安定したらだいたいのファッションピアスは着用できます!

16Gのピアッサーはこちら
16Gステンレス製耳用ピアッサー 16Gチタン製耳用ピアッサー

ピアッサーを使った経験のある方はボタンを押した時バネの跳ね返るバチン!という音が意外と大きくて驚いた人もいらっしゃるかと思います。セーフティーピアッサーであれば開ける時の音もそこまで大きくないし医療用であれば尚安心♪

最も重要な素材ですが、サージカルステンレスやチタンはアレルギーを起こしにくいとされる代表的な素材です。
ピアッサーには医療用サージカルステンレスのピアスがセットされているものもありますので心配な方はそちらを選びましょう。

サージカルステンレス・チタンのピアッサー
サージカルステンレス製耳用ピアッサー サージカルステンレス製耳用ピアッサー2個セット チタン製耳用ピアッサー

軟骨にピアッシングがしたい場合は14Gのピアッサーが良いでしょう。今後ホールの拡張を考えている方も14Gのピアッサーを選びましょう。
ファーストピアスの素材ですが、こちらも耳たぶ同様、医療用のサージカルステンレスやチタンの素材がオススメです!

軟骨用14Gピアッサー
医療用ステンレス軟骨用ピアッサー 医療用ステンレス・樹脂軟骨用ピアッサー チタン軟骨用ピアッサー

ニードルでピアッシングする場合は、耳たぶなら16G、軟骨の部位なら14Gがオススメです。

ニードルを使用した場合、ニードルの後ろ側にファーストピアスをあてがいファーストピアスを押しながらニードルを抜くと装着できます。

サイズ別ニードル図解

ニードルと同じゲージ(太さ)のファーストピアスを装着する場合は上の図1のように、ネジ山部分をあてがいます。
ニードルに対して一周り小さいゲージのファーストピアスを用意すれば下の図2のように連結出来るため、中にはそのようにしてしてピアッシングする方もいるようです。

内径(ピアスのホールに通すピアスの長さ)はもし腫れた時の事も考えて、開けたい位置の厚み+2mmを目安に選ぶと良いでしょう。

ニードルでピアッシングする場合はピアスの形も選べます。
耳たぶやヘリックス等にはストレートバーベルと呼ばれるキャッチがネジ式になっており、両側から外す事ができる形がおすすめです。

トラガスや、唇の下にピアッシングしたい場合はラブレットと呼ばれるピアスの片側が平らな形状のものが引っ掛かりにくくて良いでしょう!
おへそにピアスを開けたい場合はバナナバーベルと呼ばれる曲がった形のピアスを使用してください。

ロックなどに開ける場合はビーズリングがオススメです。リングが固くて開けにくい場合はプライヤーで調整してください。

開けたい位置によって準備するピアスが違うのでしっかりと調べてから購入すると安心です!

ファーストピアス徹底ガイド!知っておきたい基礎知識
ファーストピアスとは? 「ファーストピアス」ってどんなピアス? 今までピアスホールを開けてない部位にピアッシングを行い、 最初に装着するピアスのことを言います。 正常にピアスホール…

ピアッサーの正しい開け方手順

いよいよピアッシングの説明です。事前に調べておくことで不安を取り除いておきましょう。

まずは耳たぶを消毒

ピアッシングをする時は清潔さが大切です!
洗った清潔な手で消毒ジェルを塗り、開けたあと化膿することを防ぐため耳たぶにも塗りましょう。

開けたい位置をマーキング

セルフで開ける時は印をつけないでピアッシングすると位置の把握がしにくく、いざという時力を入れる場所を迷ってしまったり、希望の位置からズレてしまった!なんてことも…。左右のバランスも揃えたほうが良いので開ける前に人に見てもらうのがオススメです!

ピアッサーでピアッシング

耳たぶにつけた印にファーストピアスの先端を合わせて、準備ができたらピアッサーを押しましょう!バチンと大きな音がしてファーストピアスが耳に刺さります。

ピアッサーで開ける際の注意点は?

まず手をよく消毒すること。開ける直前だけではなく使うアイテムを準備する前から清潔にしておきましょう。
ピアッシングのポイントは角度は耳たぶに対し垂直にすること!
斜めに入ると穴が長くなり、なかなか傷が治りにくくなってしまい、痛みが続いてしまいます。
ピアッサーを押す時に思い切り押さないと耳たぶの途中で止まってしまう可能性がありますので注意しましょう!

【保存版】これで安心、初めてのピアス徹底ガイド!耳たぶピアスの開け方から安定まで
今回は「初めてピアスをあける!」「ピアスに興味がある!チャレンジしてみたい!」そんな方が安心してピアスのおしゃれを楽しめるようにピアスについて詳しくご紹介しております! また、既にピアスをしている方…

ニードルの正しい開け方手順

ここではニードルを使用したピアッシングの方法をご説明します。

綿棒やコットンで耳たぶを消毒

ピアッサーと同様にニードルで開ける際も清潔さは重要です。
手や耳たぶを消毒ジェルで消毒し、清潔にしましょう。

ファーストピアスを準備する

ニードルでピアッシングした後は、すぐにファーストピアスを入れるため袋に入っている場合はあらかじめ出しておきましょう。
滅菌済みのピアスであればそのまま使用してOKですが、滅菌がされていないものに関しては煮沸等をし、冷ましておくのが良いでしょう。
キャッチを外しておくとスムーズに装着できます。ストレートバーベルの場合は片方のキャッチを外しておくと装着しやすくなります。

ニードルに軟膏を塗る

ニードルが耳に刺さったときにスムーズに動くようにあらかじめニードルに軟膏を塗っておきましょう。
下準備として、ニードルが滅菌済みならそのまま使用できますが、滅菌済みでなければ煮沸し冷ましておきましょう。
軟膏のチューブにニードルの先半分を刺し、ニードルの内側と外側に軟膏をつけます。

鏡を見ながらマーキング

開けたい位置やイメージを確認してマーキングしましょう。難しい位置へのマーキングやバランスは人に見てもらっても良いかもしれません。

ニードルでピアッシング

印をつけた箇所の耳たぶの裏側に消しゴムを当て表からニードルを刺します。
時間をかけすぎると肉がかたくなりピアッシングがしにくくなりますので、勢いも大事です!
消しゴムまで貫通したら、ニードルのお尻にファーストピアスをあてがい、そのままニードルを抜くとファーストピアスが装着されるのでキャッチを止めて完成です!

ニードルで開ける際の注意点は?

滅菌してあるニードルやファーストピアスを不潔な手で触らないように注意すること!

同じニードルを使いまわさないこと!雑菌が入ったり感染症を防ぐためです。必ず新しいものに取り換えましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?近くではなかなか入手しづらいアイテムもありますので事前に準備してからピアッシングしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの特集

凛りんバナー
スターアイテム2018年版 トラガス特集 スタンダードアイテム