ボディピアス専門店凛の軟骨ピアス情報ブログです!軟骨ピアス開け方や痛み・おすすめのボディピアス等の情報メディアをお届けします♪SHIBUYA109や新宿ALTA等に実店舗があり、オンラインショップ通販でもお安くお買い物できます!
   

初めてニードルで軟骨ピアスを開けた体験談【14G・16Gの接続について】

初めてニードルで軟骨ピアスを開けた体験談

未経験者の方が知りたい”ピアッサーとニードルはどちらの方がいいのか?”という疑問。
今回はスタッフが初めてニードルでピアッシングした体験談を交えてお話します。

ボディピアス専門店凛RINの立爪ジュエルラブレットのバナー画像
.
ボディピアス専門店凛RINのバレない透明強化ガラスピアスのバナー画像

ニードルとピアッサーで軟骨ピアスを開けた違いは?

私は今までピアッサーで20か所ほどピアスを開けてきましたが、ニードルを使用したことがありませんでした。

ピアッサーでのピアッシングが難しい部位を開けたくなったことをきっかけに、ニードルを体験してみようと思いました。

簡潔にニードルを使ってみた感想からお話したいと思います。

【この記事の注意事項】
※ニードル初心者の個人の感想のため、参考程度にご覧ください。
※ピアッシングは医療行為でありセルフピアッシングをする場合は自己責任で行うものです。
※安易にニードルの使用や、セルフピアッシングを勧めたりする目的ではありません。
少しでも難しく感じたり衛生的にきれいなホールを開けたい人は施術に慣れている医療機関で開けてもらうことを推奨いたします。

事前の準備はニードルとピアッサーどちらが楽?

ピアッシングで準備するもの

事前準備は圧倒的にニードルよりもピアッサーの方が楽でした!

ピアッサーはボディピアス専門店などで気軽にピアッサーを購入することが出来、鏡と消毒するもの・マーキングペンがあればほとんどの準備が完了です。

ニードルの場合は、まず取り扱い店が少なくなっているニードルを入手することに手間や時間がかかります。

そしてピアッサーとは違い、サイズ・形状が合ったファーストピアスと消毒するもの、鏡・軟膏…などこまごました準備が必要となります。

ニードル 14G 16G 18G ピアッシングニードル 日本製 国産 医療用 ステンレス 滅菌 ピアッシングツール ピアス ステンレスピアス 片耳用 日本 軟骨 軟骨ピアス【220117】 | ボディピアス専門店 凛
ニードル 14G 16G 18G ピアッシングニードル 日本製 国産 医療用 ス…
ニードル 14G 16G 18G ピアッシングニードル 日本製 国産 医療用 ステンレス 滅菌 ピアッシングツール ピア…
ニードル 14G 16G 18G ピアッシングニードル 日本製 国産 医療用 ス…

清潔に開けるならニードルとピアッサーどちらがオススメ?

ピアッシングが完了するまでの清潔さ、ではピアッサーの方がオススメです。

ピアッサーは滅菌パックに入った状態なので、使用してキャッチを着けるまでの間にファーストピアスに指が触れることなく清潔に保てます。

開ける時痛みが少ないのはニードルとピアッサーのどっち?

痛みが強いとされるロックなどの軟骨部を開けた今、ピアッサーでヘリックスを開けた時の痛みを思い出すと、ヘリックスもニードルで開けていればもっと痛みが少なくできたのでは?と思うくらい”ニードルだと思ったよりも痛みが少ない”印象でした。

※痛みの感じ方には状況や体調により個人差があります。

開けた後痛みが少ないのはニードルとピアッサーのどっち?

個人的にピアッシング完了後の痛みが少ないのは、圧倒的にニードルでした。

初心者の方はピアスを開ける時の痛みの気にされますが、それよりも開けた直後から安定するまでの痛みの方が付き合っていく期間が長いのです。

今回のニードルで複数開ける2週間ほど前に別途ピアッサーでヘリックス(私の耳で一番皮膚が厚めの部分)を開けましたが、いまだにそちらの方が安定しておらずチリチリとした小さい痛みもあります。

ニードルで軟骨ピアスを開けた感想

それではここで、実際にニードルを使った時の感想を部位ごとにご紹介していきます。

私は開けたい希望順(トラガス→フォワードヘリックス→ロック→ダイス)でピアッシングしました。

全ての部位において14Gのニードル・16Gのファーストピアスを使用。

トラガスをニードルで開けた時

ニードルでトラガスを開ける

トラガスの部位は手が邪魔で自身では確認しずらく、鏡をのぞきながらニードルを押すのは難しかったです。

押し進めていくと発泡スチロールに尖ったものを刺した時の音がして、軟骨に達したのがわかります。

明らかに角度が失敗だったため、抜いてもう少し下の位置で再度チャレンジしますが途中で腫れてきてしまい、貫通するまで手間取りました。

この時点で初めて垂れる量の出血が始まり、ふき取りながらファーストピアスを接続完了。
開けた後はまったく痛みは起きませんでした。


※ファーストピアスにストレートバーベルを選んで特に不自由しませんでしたが、のちにラブレットに交換して明らかにラブレットの方が快適だなと感じました。



フォワードヘリックスをニードルで開けた時

ニードルでフォワードヘリックスを開ける

痛みは少なくあっという間に貫通し、トラガスほどの痛みや難しさ・出血もほとんどなかったです。

画像左側の位置を開けた後の鈍痛はほとんどなく、別日に画像右の上の位置を開けた時はすごく痛みがあり、かなり出血がありました。

一度トラガスを開けているのでなんとなく要領を理解した状態でスタートでしたので、トラガスに比べとても開けやすかったです。

ロック(ルーク)をニードルで開けた時

ニードルでロックを開ける

硬さはトラガスほどではありませんでしたが、とにかく痛みでニードルが進みませんでした。

上から下に刺すやり方にしましたが、トラガスやフォワードヘリックスに比べ複雑な形の耳輪に縦に刺していくのは先端の角度がどうなっているのか全く見えず難しかったです。

先端がほんの少しだけ出てきたところからまったく進まなくなり、その後も貫通させるまでかなり時間が掛かりました。

ファーストピアスをお尻側(末端)からあてがい装着は出来ましたが、バナナバーベルの下側にボールキャッチがどうしても着けられず、数十分以上かけて留めることが出来ました。

浅い位置だと排除の危険もあるので、ロックは医療機関で開けてもらうことをおすすめします。



ダイスをニードルで開けた時(失敗例)

ニードルでダイスを開ける

刺す箇所が見えにくく、他の部位と比べ物にならないくらい難しかったです。

刺すとサクサクと軟骨を刺している音がするものの、ニードルの先端がどんな角度になっているのかどう進めればいいのかまったくわかりませんでした。

ダイスは気持ちえぐるようにカーブを描いて開けるようですが、曲げたニードル部分の半分程度が刺さった時点で動かせなくなりました。

硬さというよりもどう動かしてよいかわからず、経験不足が響き貫通させることなく断念しました。

開けあっれたとしてもトラブルが起きやすい部位ので、ダイスも施術経験豊富な医療機関に開けてもらいましょう!
追記:その後病院でダイスを開けてもらいました!↓

ニードルのピアッシングで気を付けるポイント

先ほどご紹介したピアッシングを経て、こうした方が良かったな、うまくいかなかったなというポイントを挙げてみました。

ニードルを押すのを何度も中断しない

痛いからと言って何度もニードルを押し進めるのを中断してしまうのはやめたほうがいいです。

中断して時間かけすぎると皮膚がどんどん硬くなってきますし、再び刺すのが嫌になってしまいます。
トラガスとロックの時は痛みで中断しすぎて心が何度も折れました(苦笑)

角度を見ながら刺すという意味では慌てない方が良いですが貫通するまでのすべての行程には時間は掛けないほうがいいと思いました。

ニードルの先端に注意

ニードルの先端に注意

ニードルの先端の切れ味は鋭く、複雑な軟骨部のピアッシング中は違う部位や指に刺さってしまう危険性があります。

私もロックを貫通させる際に先端の視認がおろそかになり、違う耳輪に刺さって困りました。

ファーストピアスの接続を末端から行う場合は、先端に購入時についていたカバーや小さく切った消しゴムをつけておくのをオススメします。

ニードルは14Gと16Gどっちがいい?

軟骨部に開けるなら14Gのニードルで開けることをオススメします!

まず接続の面で、トラガスにラブレットを着ける場合や、バナナバーベルを必要とするような部位のニードルと同ゲージのファーストピアスを接続するのは難しいと思います。

軟骨部は16Gよりも14G以上のサイズのピアスで安定させた方が良いと聞いていましたが、私は実践してみてファーストピアスの接続の難しさを体感し、サイズダウンした16Gのファーストピアスを用意してよかったと思いました※接続の難易度のお話で推奨するものではありません。

また、16Gよりも14Gのニードル+14Gファーストピアスで安定させておいたほうが、たくさんの種類の軟骨ピアスで付け替えたくなった時、14Gと16Gの軟骨ピアス両方を着けることが可能になります。

14Gのニードルに14Gと16Gのピアスを接続した違い

14Gニードルの接続

まずニードルの接続時はニードルとファーストピアスがズレないように真っ直ぐ支えながら末端を押しながら装着する必要があります。

画像のように14Gのニードルに14Gのファーストピアスを接続した場合、先端の部分しか入らないため、ぐらぐらしやすいです。

14Gのニードルに16Gのファーストピアスを接続した場合はすっぽり筒の中にシャフトが入るので、ぐらぐらする心配なく装着することが出来ます。


何故同じゲージ同士の接続がいいの?

ニードルとファーストピアスを同じゲージにするのは、皮膚に必要以上な大きさの穴を開けて負担を掛けたり、接続の時隙間を作らないようにするためです。

同じゲージ同士であれば圧迫止血ができるのですが、ファーストピアスのゲージを下げると隙間が生じるため出血が多くなってしまいます。

ニードルよりピアッサーの方が向いている人もいる

軟骨はピアッサーで開けると、きれいなホールにならない・安定しずらいなどあまりオススメされない意見が多いようです。

それでは軟骨用ピアッサーが良くないもののように聞こえますが、清潔に開けられることや初心者の方にも扱いやすいというメリットもたくさんあります。

ニードルは針を自分のペースで刺さなければいけないため恐怖心がある人やうまく扱えなかった人の中には、途中で断念したり失敗する例があることも事実です。

ファーストピアスのことがよくわからない、ニードルが怖くて使えない…初めてヘリックスを開けたい、という人は軟骨用ピアッサーを使うことを視野に入れても良いと思います。

【ニードルよりもピアッサーがオススメな人】
  • 使い方がわかりやすい方がいい人
  • 別途準備するものが少ない方がいい人
  • 出来る限り清潔に開けたい人
  • ピアッシングを一瞬で終わらせたい人

軟骨部はピアッサーよりも、ニードルの方が損傷部分が少なく済むためピアスホールの安定(傷の治癒)も早いです。

しかし、ニードルで開けるにはある程度のコツと知識が必要なため、だれしも必ず痛みが少なくきれいなホールが開けられるわけではないのです。

その点ピアッサーは使い方が簡単で、正しく使えば誰が使っても清潔にピアスホールを開けることが出来ます。

オススメの軟骨用ピアッサーはこちらをクリック



軟骨部をピアッサーで開ける注意点

軟骨部をピアッサーで開ける場合、向き不向きな部位があります。

まず、基本的なヘリックスやアウターコンクの端寄りなど皮膚が薄い部分は開けることが可能ですが、皮膚が分厚めな人や位置・耳の形状によっては貫通しきらないことがあります。

ピアッサーの失敗例にはシャフトが足りず貫通しきらなかったという事例もあるようなので、開ける部位や自分の耳の厚み等で使用できるか考えるのも良いと思います。

【軟骨部をピアッサーで開ける場合】
  • 軟骨部全体が分厚い人、または開けたい部位(ヘリックス、アウターコンク、ヘリックス)の中でも分厚い部分への使用は避ける
  • シャフトの厚みが足りるか事前に確認しておく
  • 説明書をよく読み、失敗するリスクを避けること

私はピアッサーの方が向いてるかも?と思った人は、他の方の意見やこちらの記事も参考にしてみてください

※中でもインナーコンクは失敗したという意見も多いようですので使用前によく参考になる情報を得てくださいね!

ニードル体験談まとめ

実践してみた結果、ニードルはやはり慣れが必要でてこずることが多かったです。

しかし、軟骨用ピアッサーの使用経験があるからこそ、双方の良さや難点を比べることが出来たので両方経験して良かったと思います。
自分に合っているピアッシング方法を選べない・難しく感じたという人は、施術に慣れている病院でお願いすることをおすすめします。

どの方法を選ぶにしても、自分の生活状況・体質・希望の部位を開け方の知識をしっかり得て、ピアッシングするかを考えてみてください。

ボディピアス専門店凛RINのワンタッチセグメントリングのバナー画像
.
ボディピアス専門店凛RINのストレートバーベルのバナー画像

★凛では金属アレルギーの方でも着けられるサージカルステンレスの軟骨ピアスを豊富に取り扱っております!
是非通信販売ページもご覧ください♪

PVDコーティングで金属アレルギー対応のワンタッチセグメントリング トラガスにつけっぱなしにできる立爪ジュエルインターナルラブレットピアス 天使の羽モチーフの軟骨ピアス
天使と悪魔モチーフの軟骨ピアスの画像 風船を持ったウサギとコアラとクマの軟骨ピアス 温度で色が変化するカラーチェンジ蝶モチーフの軟骨ピアス

シェアする

フォローする

関連記事

【14Gと16Gどっちがいいの?】ニードルと軟骨ピアスの接続のコツ!
ニードル

【14Gと16Gどっちがいい?】ニードルと軟骨ピアスの接続のコツ!同じゲージの接続とは?

ニードルを使ってセルフピアッシングをした方の体験談には「ニードルとピアスの接続が難しかった」という意見が見られます。 どうしてニー...

【体験談】耳に23個ピアスが開いてるボディピアス店員が語る。軟骨ピアスで1番痛かった部位ランキング
イベント(季節・行事のボディピアス)

【体験談】耳に23個ピアスが開けてるボディピアス店員の軟骨ピアスで1番痛かった部位ランキング

軟骨ピアスに興味がある、軟骨ピアスを開けてみたい!そんな方がまず第一に気になるは軟骨ピアスを開けるときの【痛み】ではないでしょうか?...

軟骨ピアス・アンテナヘリックスの基礎知識
ボディピアスの基礎知識

アンテナヘリックスの開け方・ピアッサーで開けられる?痛みや角度について!

軟骨ピアスの上級者コーデに欠かせないアンテナヘリックス! アンテナヘリックスはピアッサーで開けられるのか?開け方や痛みの情報や疑問...

一度外したラブレットが着けられない!?フォワードヘリックスに軟骨ピアスを着けるコツ
イベント(季節・行事のボディピアス)

ラブレットが着けられない!?フォワードヘリックスに軟骨ピアスを着けるコツ!

軟骨ピアスの中でも人気上位に入るフォワードヘリックス♪可愛いけれどピアス種類によっては付け替えが難しい!そんな風に思った方も多いはず...

人気の記事

tongue_piercing_trouble舌ピアスの痛みごはんあるある解決方法アイキャッチ
ピアスのトラブルとケア

舌ピアスを開けたら痛い?ご飯は食べられる?舌ピの痛み解決法!

この数年で非常に人気が出てきた舌ピアス! 「舌ピってどのくらい痛いんだろう?」「開けた後は腫れるって聞いたけどご飯は食べれるの?」...

【14Gと16Gどっちがいいの?】ニードルと軟骨ピアスの接続のコツ!
ニードル

【14Gと16Gどっちがいい?】ニードルと軟骨ピアスの接続のコツ!同じゲージの接続とは?

ニードルを使ってセルフピアッシングをした方の体験談には「ニードルとピアスの接続が難しかった」という意見が見られます。 どうしてニー...

20210330beginner_piercerはじめてのおすすめピアッサー記事アイキャッチ画像
ピアッサー

ピアッサーのオススメ5選!今売れている耳たぶ用ピアッサーとは?

初めて耳たぶにピアスを開ける時、ほとんどの人が手軽で簡単に使えるピアッサーで開けています。 ピアッサーの値段や売っている場所、初め...

ピアスを開けたら洗浄と消毒は毎日やるべき?アイキャッチ画像
ピアスのトラブルとケア

ピアスの消毒は毎日やるべき?ケアの頻度や洗浄と消毒の違いとは?

ピアスを開けた後、消毒や洗浄などのケア方法にネットで調べるとみんな違うことを言っていてどうしたら良いか悩みますよね。 ピアスを開け...

鼻ピアスの使い方や形
ボディピアスの基礎知識

鼻ピアスのボディピアスの付け方や種類・リングの内径サイズ比較【ノストリル・セプタム】

顔にあけるピアスと言われて一番か二番に浮かぶのは鼻ピアスではないでしょうか? 海外アーティストの方をはじめ日本でも様々なジャンルの...

ABOUT

ボディピアス専門店凛の通販サイトバナー

ボディピアス専門店「凛」が運営するピアス記事情報メディアです。軟骨ピアスの開け方(セルフピアッシング)やアフターケア・軟骨ピアスの消毒方法、軟骨ピアスの部位や位置、ピアスの選び方、おすすめ軟骨ピアスのご紹介など、初心者から上級者まで幅広くお楽しみいただけるコンテンツを発信しています。上記の画像から公式通販サイトに飛べます♪

スター特集2020

星・月・惑星モチーフ特集!ユニセックスデザインも豊富★凛おすすめのキャッチやチャームをご紹介します!

ボディピアス専門店凛のどうぶつピアス特集

可愛いどうぶつピアス特集!ウサギにクマなどかわいいモチーフや、かっこいいトカゲやヘビモチーフまで勢ぞろい★

和柄・和ものピアス特集

凛オリジナルの和柄・和もののボディピアス特集!鬼や狐のお面、刀など美しい和風のモチーフをご紹介♪

トラガスピアス特集

人気の軟骨部位のトラガスピアス特集!人気の立爪ジュエルやリングピアスを使った可愛いコーディネートをCheck★

コーディネート

凛おすすめの軟骨ピアスコーディネートをご紹介!組み合わせてコーデするとおしゃれの幅が広がります★

凛ピアッサー特集バナー

失敗しない!ピアスの穴あけの必需品♪耳たぶからへそ眉まで部位別痛みの少ないおすすめピアッサー特集★


TOP