スナッグの基礎知識~開け方・着け方・痛み~

以前は珍しいとされていた軟骨ピアスも、今や多くの方がつけていますよね♪
しかしまだまだあまり知られていないマイナーな部位も沢山あります。
今回はそんなマイナーな部位の中から【スナッグ】をご紹介させて頂きます!

スナッグとは?

スナッグってどこ?

スナッグとは耳の中央あたり、耳の縁から少し内側にある、隆起している軟骨にするピアッシングを指します!ちょうどトラガスと横に並ぶぐらいの位置にあたります。

スナッグ位置画像

スナッグの特徴は?

スナッグは軟骨の中でも完成はおろか、安定させるのが難しく、ピアッシングも他の軟骨に比べると注意とコツが必要な部位です。
しかし、しっかりと軟骨が隆起している方であればピアッシングがそこまで難しく感じない場合もあります。
他の軟骨ピアスの注意点、開け方についてはこちらの記事も参考にしてみてくださいね♪

アンチトラガスの基礎知識 ~開け方・着け方・痛み~
今回は【アンチトラガス】のご紹介です!トラガスはご存知の方も多いとは思いますが皆様アンチトラガスってご存知ですか? アンチトラガスとは? アンチトラガスってどこ? 名前にトラガスとついているだけ…
インナーコンクの基礎知識~開け方・着け方・痛み~
軟骨ピアスの中で今注目されている部位が“インナーコンク”♪ 特に最近ではリングタイプのピアスをインナーコンクにつけて、ピアスコーデをアピールするスタイルが人気となってきています! …

スナッグの開け方

スナッグを自分で開ける

〜ピアッサーでスナッグを開ける〜

スナッグは隆起した軟骨へのピアッシングの為、深めにホール同士の間隔を広くとってピアッシングする必要があります。
そのため大きく腫れることが多い部位ですので、基本的なピアッサーにセットされているファーストピアスでは貫通し切らなかったり、貫通しても腫れてピアスが埋まってしまう可能性が高くなっています。
開けられない事はありませんがピアッサーでのピアッシングはあまりオススメできません…

〜ニードルでスナッグを開ける〜

  • 消毒液
  • コットン、または脱脂綿
  • ニードル
  • ニードルと同じゲージのファーストピアス
    (14Gまたは16Gがオススメ)
  • マーキングペン
  • 清潔な消しゴム、またはコルク
  • 抗生物質入りの軟膏(チューブタイプがオススメ)

※ニードルやファーストピアスは滅菌済みのもの、または煮沸消毒を行う等して清潔なものを使用してください。
※消しゴム、またはコルクも新品の清潔なものを使用して下さい。
※ピアッシングを始める前にはしっかりと手を洗い、ホールを開けるところは消毒液を浸したコットン、または脱脂綿で拭き取り清潔な状態にしておきましょう。

マーキング

下準備を終えたらホールを開ける位置にマーキングを行います!軟骨がしっかりと隆起しており、突起部分の1番高くなっている箇所を挟むようにマーキングを行います。
この際マーキングの位置が浅いとホールが浅くなり排除されやすくなってしまったり、安定してもホールの間隔が短くなってしまうのでなるべく深めの位置にマーキングを行いましょう♪また左右のマーキングの位置が上下にずれてしまうとホールも曲がってしまうのでファーストピアスに使用するピアスをあてがい、マーキングとマーキングを線でつないでしまっても良いでしょう♪

ニードルを刺す

しっかりとマーキングが行えたら、いざピアッシングです!
軟膏の口からニードルの尖った方を差し入れるようにするとニードルを手で触れる事なく、ニードルの外側に軟膏を塗れると同時に、ニードルの中にも軟膏が詰まるので血が伝って垂れてしまうことも防げます♪ニードルを刺す方向はどちらでも構いませんが利き手側から刺すようにすると力が入れやすく、ニードルからピアスへの接続もしやすいでしょう。
反対側のマーキング位置に小さく切った消しゴム、またはコルクをあてがいニードルを刺し進めます。

接続

ニードルが刺さったら、皮膚の緊張がとけるまで10分〜15分程度時間を置きます。
こうすることでニードルからピアスの接続がしやすくなりますよ♪この際ニードルで他の所を傷つけてしまわないよう、ニードルの刃先に小さく切った消しゴムを刺しておくと良いです。
ニードルがスムーズに動かせるようになったら皮膚のギリギリまでニードルを押し進めます。
ニードルのお尻側にファーストピアスをあてがい、ニードルでピアスを押し込むイメージでファーストピアスを接続していきます。
この際ニードルとファーストピアスがずれてしまわないように慎重に行いましょう♪

ホールの確認

ファーストピアスが通せたらサイドホールが曲がったりずれたりしていないか、隆起した部分をしっかり深く刺せているかを確認し、ボールキャッチをしっかりと止めて下さい。
キャッチがしっかりとはまっていないと気づかぬうちにキャッチやピアスが外れてしまう事もあるので注意しましょう!

※スナッグは軟骨の部位の中でも難易度の高い部位です、ニードルの扱いやニードルからピアスの接続に不安のある方はセルフピアッシングではなく、ピアススタジオや病院で開けてもらう事をオススメします。

スナッグをスタジオ、病院で開ける

〜スタジオ編〜
ピアススタジオでピアッシングする際は予約が必要な場合が多く、また価格などもスタジオによって様々なので、下調べをしたのち、スタジオの予約を取るようにすると良いでしょう。
予約の電話の際、施術方法がニードルなのかピアッサーなのか、またファーストピアスの持ち込みが必要なのかなども合わせて確認しておくとスムーズですよ♪

〜病院編〜
スナッグは軟骨の部位の中でも未だマイナーな部位なのでピアッシングを考えている病院へスナッグが対応可能なのか確認しておく事をオススメします!またピアッシングにかかる費用や、ニードルでの施術なのかまたはピアッサーなどでの施術なのか、ファーストピアスの持ち込みが必要なのか等も確認しておくと良いでしょう♪
また病院によってはピアッシングの際、麻酔を使用してもらえる病院もあるので痛みが不安な方はそちらも確認してみましょう。

ピアスホールの完成期間

ピアスホールが完全に完成するには凡そ1年から1年半かかると言われています。
開けてすぐの生傷の状態から薄い皮膜がはり、ピアスが付け替えられるようになるには1ヶ月半から2ヶ月ほどかかると言われています!しかしスナッグは軟骨部位の中でも安定しづらい部位のためファーストピアスでいる期間はもう少し長くても良いと言えるでしょう!

スナッグのファーストピアス

スナッグのファーストピアスにはバナナバーベルを使用することが多く、ゲージは14Gまたは16Gが一般的のようです♪しかし軟骨がしっかり隆起していて突起部分がしっかりとしている方であればストレートバーベルでも良いでしょう♪
スナッグは大きく腫れる事が多い部位なのでファーストピアスの内径は皮膚の厚み+5mm程度長い物を使用すると安心ですね!少し長さが余ってしまったら、耳の内側が余るようにしておけば引っ掛けてしまうことも防げますよ♪

ファーストピアス画像 ファーストピアス画像

スナッグのアフターケア、消毒

基本的なアフターケアは1日2回程度、薬用の洗顔フォームなどを泡だてネットでしっかり泡だて、ピアスホールにのせて2〜3分程度おいてしっかりと洗い流すようにして下さい!この際ピアスを動かす必要はありません!安定するまではなるべくホールやピアスには触れないようにし、ケアもこまめに行って下さい♪
基本的なケアがしっかりと行われていれば消毒の必要はありませんよ♪

消毒画像

スナッグの違和感、痛み、トラブル

スナッグを開ける時の痛みは?

スナッグは厚みのある軟骨部位なので、開けている人の中では「軟骨のピアスの中で1番痛かった!」という方も多く見かける部位です。
ピアッシング後大きく腫れる方が多く耳が重く感じたり、ピアッシング部位に違和感を感じる場合もあります。
しかし痛みや腫れ方は軟骨の形状によって大きく異なる為、痛くない場合や腫れない場合もあります。

スナッグを開けた後の痛みは?

個人差はありますがスナッグは開けた後大きく腫れる場合が多く、腫れが引くまでの間ジンジンと熱を持ったように痛む事があります。
またホールの周りだけでなく耳の裏側のリンパ腺にも腫れが続き、ぼんやりとした頭痛を伴う場合もあります。
しかしヘリックスなどの軟骨部位と変わらなかったという方もいらっしゃるようです。

スナッグの痛みを和らげるには?

ホールの周りを冷やしてあげる事で痛みが和らぐ場合があります。
保冷剤などを布やタオルで包み、耳の裏側や耳の下などを冷やしてあげましょう♪直に保冷剤で皮膚に触れてしまうと凍傷になってしまう事もあるので必ず布やタオル等で包んで使用して下さいね♪また痛みが強い場合は市販の鎮痛剤を飲むなどしても良いでしょう。

※痛みが酷く、腫れなども酷い場合はピアスを外し、お医者様に見てもらうことをオススメします。

鎮痛剤画像

スナッグの痛みはどのくらい続くの?

スナッグは開けてから1週間程度は痛みが続くようです。
しかし頭痛を伴うような痛みは3日から5日程度もすれば引き始めじんわりとした鈍痛になり、腫れが引いた頃には痛みもなくなっているでしょう♪

スナッグのトラブルは?

上記にも述べたようにスナッグは安定させるのが難しく、ホールもトラブルを起こしやすいと言われています。
理由としてはホールが安定、完成するまでの期間が長く、その間に付け替えをしてしまったり手で触れてしまったり、引っ掛けてしまったりしてホールが炎症を起こし、肉芽が出来てしまう事が考えられます。
スナッグを開けてからはなるべく手では耳を触らないようにし、ピアスホールが完全に安定するまではファーストピアスを外さないようにしましょう!

スナッグのオスススピアス

スナッグは安定してしまえば案外色々なピアスを楽しむ事が出来ます!
バナナバーベルやストレートバーベルのキャッチを変えたり、サーキュラーバーベルやキャプティブビーズリングを使用する事もできます!キャプティブビーズリングのキャッチをジュエルの付いたものやモチーフの付いているものを変えるとジュエルやモチーフが正面に来るのでオススメです♪

オススメピアス画像1 オススメピアス画像2 オススメピアス画像3

いかがでしたでしょうか?
スナッグは耳の中央に位置する部位なのでスナッグが開いているだけでボリュームのあるコーディネートを作る事が出来ます!
また耳のピアスはスナッグだけ!なんていうのもお洒落かもしれませんね(^^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの特集

凛りんバナー
スターアイテム2018年版 トラガス特集 スタンダードアイテム