正しいアフターケアでボディピアスを楽しむ♪

アフターケア
ボディピアスは開けてからがとても肝心!順調に綺麗なピアスホールを完成させるには正しいアフターケアの知識を身につけ、実践することが重要です。

ピアスホールが安定するまで

開けたばかりのピアスホールは傷と同じ。そのため身体がピアスホールをふさごうと働き、かゆみが出てきたり些細な衝撃で出血してしまったり、リンパ液などの組織液、体液が分泌されることがあります。
また軟骨ピアスは耳たぶなどに比べ安定までに時間がかかります。ピアスホールの内側に皮膚が完成するまではなるべく触らず、ピアスホールを刺激しないことが重要です。

膿?腫れ?肉芽?よくある炎症について

開けたばかりのピアスホールはとてもデリケートなため、さまざまな炎症が起こりやすい状態にあります。
・ピアスホールを正しく洗浄できていない。
・ピアスホールを過度に消毒する。
・器具を正しく消毒しないままピアッシングを行う。
・ファーストピアスを無駄に動かす、外す。
・ヘアカラー、パーマを行う。
このような行動はピアスホールに大きな負担をかけ、炎症を起こす原因となりますので注意しましょう。

膿について

免疫力が弱まっていたり、ピアスホールを不潔にしていると細菌がピアスホールに付着、感染して膿が出てしまうことがあります。軽い膿の場合はホットソークなどで緩和される場合もあります。しかし、膿が溜まって化膿している場合は病院で診てもらうことをおすすめします。

>>ホットソークについてはこちら

腫れについて

ピアスを開けて数日間、患部が腫れてジンジンとした痛みが続く場合があります。ラブレットや舌ピアスなどは腫れやすく、トラガスなど顔に近い部位へのピアッシングなどではリンパまで腫れてしまうことも…。
冷やす場合は雑菌などに注意し、保冷剤や氷を清潔なガーゼなどに巻いて患部に優しくあてるようにしましょう。
腫れが一定期間を過ぎても落ち着かず、長引くようなら必ず病院に相談しましょう。
ファーストピアスの長さが合っていない場合は埋没の危険性がありますので注意が必要です。

肉芽について

ボディピアスのトラブルで多い肉芽。これは身体がボディピアスを邪魔なものと判断し、排除しようとする際に起こる現象です。
ピアスホールの周りにできるぷにぷにとしたタコのような出来物が肉芽です。ピアスホールに負担をかけてしまっていたり、斜めに歪んだピアッシングをしてしまうことで発生します。
放っておくと肉芽がどんどん成長して、病院で切除なんてことにも…。「肉芽かな?」と感じたらすぐに治療するようにしましょう。

>>肉芽に効果あり!クエン酸療法についてはこちら

こちらの項目では肉芽が発祥してしまう主な原因を紹介させていただきます。

肉芽の原因①ピアスの素材が合わない

ピアスは樹脂や金属など様々なタイプの素材があります。
ピアスの素材が原因でアレルギーが起こり、肉芽が発生するケースもあるので自分の肌に合った素材のピアスを着けることを心がけましょう。

ピアスの素材と金属アレルギー~ボディピアスの基礎知識~
耳のピアスだけでなく、へそピアスや口ピアス(ラブレット)など、ピアスはお洒落なアクセサリーとして有名になりました。色々な素材がある中で、素材を知らないまま使用して金属アレルギーを発症させてしまうと大変…

肉芽の原因②ホールに対してピアスが重い、大きい

ピアスは形状や素材によって重さが異なります。
取り付けたピアスが重かったり大きかったりするとホールに負荷をかけてしまうため肉芽が発生してしまうことがあります。
例えば耳たぶに密着するピアスとぶら下げるピアスでは後者の方がホールに負担がかかります。
特にファーストピアスはホールに負担がかかりにくいシンプルで軽めなデザインがオススメです。

ボディピアスのサイズ選び
ボディピアスはアクセサリーショップなどでよく見かける普通のピアス、いわゆるファッションピアスと違ってサイズがあります。 サイズを間違えて買ってしまった!…なんて経験ありませんか?ボディピアスには…

肉芽の原因③部位に合わないピアスをしている

先ほど説明したようにピアスは部位によって様々な形状・サイズが存在します。
部位に合わないピアスをすると肌に負担がかかり、傷や炎症が起こりやすく肉芽が発生する原因となります。
ピアスを購入する際には、必ず自分が着けたい部位に適したものなのかを確認するようにしましょう。

軟骨ピアスの位置紹介
ボディピアスで特に人気の軟骨ピアス。 開けている位置ごとに様々な名称があってなかなか覚えられませんよね。 今回は軟骨ピアスの位置ごとにたっぷりご紹介していきます! 軟骨ピアスの位置紹介「ヘリ…
人気・オススメの部位~ボディピアスの基礎知識~
以前も耳の部位の名称でご紹介しましたが、ボディピアスは耳だけでも沢山の部位があります。その中で、人気の部位やあまり知られていないオススメの部位をご紹介します。 アンチトラガス 【▼おすすめ…

お風呂で正しくお手入れ♪

お風呂イメージ画像
綺麗なピアスホールを早く完成させるためにはお風呂でケアし、ピアスホールを清潔に保つことが重要です!

ピアスホールの洗い方
1.ピアスホールに低刺激性の石鹸を泡立てて乗せる
2.洗い流す際にピアスを前後にやさしく動かし、前後からシャワーをあてる
3.ピアスホールの周りの水気をしっかり拭き取って完了!

痛みでボディピアスが動かせない、肉芽や腫れで前後に動かない場合は無理に動かさなくてOK!
ボディピアスをくるくる回す、取り外すなどはピアスホールを傷つける行為ですのでやめましょう。

消毒液を使って洗浄はNG?!

毎日のケアにエタノールなどの消毒液を使おうとしている方も多いはず。
しかし実は消毒液を使ったケアはピアスホールの完成を遅らせてしまうと考えられています。
消毒液の殺菌作用で皮膚の完成に必要な菌も殺してしまうだけでなく、消毒液でかぶれてピアスホールが化膿してしまう危険性も…。

病院で診てもらう場合はどこに行けばいい?

ピアスに関するトラブルは皮膚科を受診しましょう。
傷や炎症などトラブルが起きた際は、早めに治療を受けることをおすすめします。
セルフピアッシングを行った方、ピアススタジオで開けた方は皮膚科へ、
病院でピアッシングをされた方は、ピアッシングを行った病院に行くと良いでしょう。

トラブルの対処法~ボディピアスの基礎知識~
最近では耳たぶ用ピアッサーだけでなく、軟骨用ピアッサーやへそピアス用ピアッサーなども売られるようになり、気軽にピアスを楽しむことができるようになりました。 しかしピアスを開けるというのは医療行為であ…

さいごに

いかがだったでしょうか?
正しい知識を身につけ、ボディピアスのおしゃれを楽しみましょう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの特集

ボディピアスコーディネート ボディピアスコーディネート ボディピアスコーディネート
ボディピアス専門店凛りんへ