SEARCH

 

STORE GUIDE

ゲージから探す

形状から探す

MENU

おすすめ特集

SOCIAL/INFO

こだわり検索

 
 
 
 

ポイント2倍キャンペーン中


サージカルステンレスとは?
サージカルステンレスとは、ステンレスの中でも特に耐腐食性の優れた組性のものに表面加工を施し、
より安全な状態にしたもののことを指します。
ステンレスとしては最上級の316Lステンレスを使用しており、医療器具にも使用されるなど人体に優しい素材です。
また、傷に強く錆びにくいという特徴もあり、入浴時などでも着用していただけます。

G(ゲージ)について
ゲージとはシャフト(耳に通す部分)の太さを指します。
ゲージは偶数の数字で表され、数字が小さくなるほど太くなり、大きくなるほど細くなります。
それぞれのゲージが何ミリになるかは下の表の通りです。
20G 18G 16G 14G
約0.8mm 約1.0mm 約1.2mm 約1.6mm
12G 10G 8G 6G
約2.0mm 約2.5mm 約3.0mm 約4.0mm
4G 2G 0G 00G
約5.0mm 約6.0mm 約8.0mm 約10mm
市販されているファッションピアスは22~20ゲージが一般的ですが、ボディピアスは最も安定しやすいとされている14ゲージが基本のゲージサイズです。
また、ピアッサーは耳たぶ用が16G、軟骨用・へそ・眉用・舌用は14Gが一般的となっています。
※同じゲージでも製造元により若干の違いが生じることもございますのでご注意下さい。

ボディピアスの形状と名称

ストレートバーベル
≫ストレートバーべル
・両端がネジ式になっており、ボールを回すと外れます。

・内径豊富で耳たぶや軟骨、舌ピアスなど部位を選ばず使える万能アイテム。ファーストピアスとしてはもちろん、自分好みにアレンジしてセカンドピアスとしても使用可能。

・ずっと使えるからこそ、ボディピアスが初めての方からヘビーユーザーまで幅広いユーザーから支持されているアイテムです。

ラブレットスタッド
≫ラブレットスタッド
・片方のボール側がネジ式になっており、ボールを回すと外れます。
(※もう片方の平らな部分は取り外すことは出来ません。)

・トラガスなどの軟骨部に人気のアイテム。片側が平らだからこそ狭い部位でも活躍してくれます。 シャフト本体(耳に通す部分)にネジ山がついているエクスターナルタイプと、 ボール部分にネジ山がついているインターナルタイプがあります。

・当店では“インターナルラブレット”と表記されているもの以外は
全てエクスターナルタイプとなっております。

バナナバーベル/カーブドバーベル
≫バナナバーベル/カーブドバーベル
・ゆるくカーブした形状で、へそピアスや眉ピアスなどによく使用されるアイテム。

・基本的に両端がネジ式になっており、ボールを回すと外れます。

サーキュラーバーベル
≫サーキュラーバーベル
・両方ともネジ式になっており、ボールを回すと外れます。

・ネジ式で着脱も簡単なので、はめ込み式のビーズリングが苦手な方からも人気の高いアイテムです。

・耳たぶから軟骨まで、部位を選ばずお使いいただけます。

キャプティブビーズリング
≫キャプティブビーズリング
・別名、ボールクローザーリングとも言います。バーベル系のネジ式とは違い、ビーズリングはボールに2箇所窪みがあり、その窪みにリングをはめ込む構造となっています。

・リングとボールをしっかり握り、ボールを押す(引っ張る)と外れます。着ける際には、片側の窪みをリングの片側にあてがい、もう片側を押しこむようにスライドさせると比較的簡単に着けることができます。

・ボールを着脱する際に紛失し易いため、不慣れな場合は実際に装着する前に何度かボールを取り外す・取り付ける練習をすることをお勧め致します。

・耳たぶから軟骨、眉ピアスや口ピアスなど幅広い部位で使用可能!

スパイラルバーベル
≫スパイラルバーベル
・バーベルがツイストした形状のボディピアス。両方ともネジ式になっており、ボールを回すと外れます。

・耳たぶから軟骨、口ピアスにも人気の高いアイテムです。

ビーズリングのボールのはめ方

キャプティブビーズリング1 キャプティブビーズリング2 キャプティブビーズリング凛ロゴ
①ボールのくぼみをリングの片側にあてがいます。
キャプティブビーズリング3 キャプティブビーズリング4 キャプティブビーズリング5
②そのまま滑らすように、もう片方のくぼみに向かって押します。 ③カチッとしっかりはまれば完成です。

セグメントリングのキャッチのはめ方

セグメントリング1 セグメントリング2 セグメントリング凛ロゴ
①キャッチの凸の部分をリングの凹の部分にあてがいます。
セグメントリング3 セグメントリング4 セグメントリング5
②そのままもう片方の凸の部分をもう片方の凹の部分に向かって押します。 ③カチッとしっかりはまれば完成です。


耳の主な部位(位置)と名称

耳の部位(位置)とその名称
イヤー・ロブ いわゆる耳たぶの位置でボディピアスだけでなくファッションピアスとしても有名なピアッシング部位です。その他の部位に比べると一番完治しやすく、また、大きなゲージへ拡張などもしやすい為初めてピアッシングする方からボディピヘビーユーザーまで幅広い人気を誇る部位です。

へリックス・アンテナへリックス 耳上部の内側に折れ曲がっている軟骨の部分をへリックスといいます。軟骨へのピアッシングの中でも人気が高く、他の軟骨部と比べると比較的開けやすい位置と言われています。
また、耳の上部に縦に開けたへリックスは、アンテナのように見えることから“アンテナへリックス(アンテナヘリ・アンテナ)”と呼ぶこともあります。


アウターコンク 耳上部(内側)の平らで薄い部分へのピアッシング。
軟骨の中では面積が広く、多くの方がボディピアスをされる部位の一つです


コンク(インナーコンク) 耳の穴付近の軟骨にするボディーピアス。この部位にはストレートバーベルや内径の大きいキャプティブビーズリングがよく使用されています。

スナッグ 耳の中間部分の端から山折れに盛り上がっている部分。 正面から見てピアスの入口と出口が どちらも見える様に山を貫通させるピアスです。軟骨の中でも分厚い箇所へのピアッシングになるためトラブルがおきやすく、完治には何ヶ月もかかる場合もあります。アフターケアには十分に注意が必要です。

トラガス 耳の穴より前にある三角の軟骨の部分にするピアッシングです。男女共に人気のある部位で、特にこの部位ではラブレットスタッドが重宝されています。

インダストリアル 耳の軟骨から軟骨、または軟骨から耳たぶなど、2箇所の穴を1つのボディピアスで通すことをインダストリアルといいます。

ロック 耳上部の山折れになっている軟骨部にするピアッシングです。

ダイス 耳上部の付け根の部分(軟骨部)にするピアッシングです。

アンチトラガス 耳たぶの上側の軟骨部にするボディピアスです。

オービタル 耳たぶにあけた2つのピアスホールに、1つのリングを通すピアスの装着方法です。



ホールの完成の目安

ホールが完成するまでの治癒期間は2つあり、皮膚ができるまでを第一治癒期間、出来た皮膚が通常と同じ状態になるまでを第二次治癒期間と呼びます。
第一治癒期間では皮膚が完成して触れても痛みがなくなり、分泌液が出なくなります。
しかしここで完成ではなく、できた皮膚はまだ薄いため圧迫されるなどの力が加わると傷が生じることや分泌液が出ることもあります。

第二治癒期間は第一治癒期間よりも数倍長いですが、これを過ぎれば少々のことでは傷はつかず、分泌液がでることもないでしょう。


※ピアッシングする部位や人により完成までにかかる期間はさまざまです。
示した数字は一般的なものであり、これが絶対というわけではございませんのでご注意下さい。

部位 治癒期間
イヤー・ロブ 約6ヶ月
オービタル 約6ヶ月
へリックス 約1~2年
コンク 約1年
アウターコンク 約1~2年
トラガス 約1年
アンチトラガス 約1~2年
ダイス 約1~2年
ロック 約1~2年
スナッグ 約1~2年
インダストリアル 約1~2年

拡張について
“拡張”とはピアスホールをより大きくすることです。18Gから16Gに1サイズ大きくすることや、18Gから00Gまで順に大きくしていくことを“拡張する”といいます。
18Gからいきなり10Gに拡張したり、拡張後安定を待たずに更に拡張するなど、無理な拡張はピアスホールが裂ける等のトラブルにも繋がる恐れがあります。 トラブルを避けるためにも拡張器で1サイズずつ順に大きくしていくことをオススメします。
\拡張器はこちら/
▼ ▼ ▼
ピアスホールを拡張する際の必須アイテム拡張器(エキスパンダー)


≪綺麗なピアスホールをつくるために-以下の場合はなるべく拡張をお控え下さい-≫
・ピアスホールが完成していない場合
→開けてすぐのピアスホールや拡張してすぐのピアスホールは非常にデリケートな状態です。
ピアスホールが完全に安定している事、第二治癒期間を過ぎていることが拡張できる最低条件とも言われています。
・ピアスホールの周りに拡張を行える余裕がない場合
→拡張するピアスホールのすぐ近くにピアスホールがある場合や、拡張するピアスホールが極端に耳の端にあいている場合などは拡張後ピアスホールが裂ける恐れがあります。拡張するピアスホールの周辺に十分な余裕があることをご確認下さい。

■拡張に関してよくあるご質問
Q ピアスをあけたばかりですが拡張しても大丈夫ですか?
A ピアスをあけてすぐや、ホールが完治していない状態での拡張はトラブルを起こす可能性が高くなりますのでお避け下さい。

Q 一気に大きいゲージにしたいのですが?
A 16ゲージから6ゲージなどサイズが大きく離れた拡張はホールに大きな負担をかけトラブルの原因となる場合もございますので
16ゲージ→14ゲージ。14ゲージ→12ゲージ。12ゲージ→10ゲージなど、段階を踏んでの拡張をおすすめします。

Q 拡張したばかりですが、すぐに次の拡張をしてもいいですか?
A 拡張後はホールが腫れたりして不安定な状態になっています。
次の拡張を行う場合は2週間~1ヶ月ほど期間をあけることをおすすめします。
(※拡張するゲージサイズや体質などにより期間は異なります。)

Q 大きい(重たい)ピアスをつけてホールを大きくできますか?
A 重たいジュエリーをつけても穴は大きくなりますが、ホールの位置がずれたり裂ける恐れがありますのでおすすめできません。

Q 端の方にホールがあるのですが(2つのホールの間隔が近いのですが)、拡張しても大丈夫ですか?
A 皮膚にゆとりがない場合はホールが切れたり、2つのホールがつながったりする場合があります。
拡張を行う際には注意しながら行って下さい。
今までに見た商品はコチラ >

ボディピアス通販 凛RIN

Copyright 2017 RIN ALL rights reserved.
▲TOP