安全ピンでピアスホールを開ける?!痛みと危険性は?

安全ピンのイメージ

ピアスホールを安全ピンで開けることが出来る?

ボディピアスを自分でピアスホールを開ける際に使う主なツールとしてピアッサー・ニードルがあげられますが、『安全ピンで開けている』と知人から聞いた事がある人もいるかと思われます。
安全ピンは生活する上で身近にある物なので手軽に出来そうなイメージがありますが本当はどうなのでしょうか?
こちらでは安全ピンでピアスホールを開けることについて、痛みや難易度・危険性について紹介します。

安全ピンでピアスを開けたら痛みはある?

もちろんあります。使用する安全ピンの太さよって変わってきますが、ニードルやピアッサー等のピアッシングツールと同様にピアッシングするため、安全ピンであっても痛みは伴います。

消毒や殺菌といった衛生管理が大変。

ピアスホールを安全ピンで開ける場合、ピアッシングする部位付近を消毒液でキレイに消毒するだけでなく、貫通先に当てる消しゴムも皮膚にあたるので消毒が必要です。また使用する安全ピンもライターの火で炙るなどして殺菌し、消毒液で消毒しなくてはいけません。
衛生面の管理を怠ってしまうと、肌のトラブルに繋がる可能性が高いので細心の注意が必要となってきます。

軟骨ピアス(ヘリックス)を安全ピンで開ける時の難易度は?

ピサッサーやニードルとは違い、安全ピンは本来ピアッシング用に作られていないのでピンが細かったり強度が弱いことがあります。
軟骨のような硬い部位は難易度が高く、なかなかピンが貫通しないケースもあります。
またご自身のファーストピアスの太さにあったピンを選ぶ必要があったりと、非常に難しく、トラブルの原因となりかねません。

軟骨ピアスは痛い?痛くない?痛みを和らげるには
軟骨ピアスと言われるとどういったピアスを想像しますか?耳上部の内側に折れ曲がっている部分の「へリックス」が多いと思います。 しかし「軟骨ピアス」と言うカテゴリの中にも沢山の種類が…

安全ピンを使用した場合の危険性について

上記の項目で説明したように安全ピンを使用したピアッシングは、衛生管理が大変だったり難易度が高いのでおすすめできません。ピアッシングに時間が掛かったり失敗してしまうと、肌に負担をかける可能性が高くなり、開けたとしてもホールがキレイに完成せず、なかなか安定しない場合もあります。
万が一、肌を傷つけたりホール部分に細菌が入った場合は放置せず病院に診察してもらうようにしましょう。

トラブルの対処法~ボディピアスの基礎知識~
最近では耳たぶ用ピアッサーだけでなく、軟骨用ピアッサーやへそピアス用ピアッサーなども売られるようになり、気軽にピアスを楽しむことができるようになりました。 しかしピアスを開けるというのは医療行為であ…

ピアッサーやニードルと安全ピン、結局どちらが良いの?

ピアッシングする際に使うツールとして安全ピンを使うより、基本的には専用のピアッサーやニードルを使うことを推奨します。

何を使って良いか迷っていたり不安に思う方は、専門の病院やピアススタジオに相談してから、使用するツールを判断するのも良いと思われます。
安全さを考慮した上でピアッシングを行うことで、ピアスをより快適に楽しむことが出来るので下に紹介しているピアッサーに関する記事も是非参考にして下さいね。

ピアッサーのおすすめ
ピアスの開け方の1つでピアッサーがあります。ピアッサーは簡単で安価で手軽なのがポイントとして挙げられます。ピアッサーも部位によって違ったり沢山種類があるのでご紹介したいと思います ピアッサーの商品一…
痛みの少ないピアッサーの使い方とは?痛みを抑えるコツは?
安くて手軽にピアッシングできるアイテムとして有名なピアッサー。でも初めてピアスを開ける時って怖いですよね。「痛くないの?不安…」と思われる方も多いのでは?そんな方にピアッサーを使ったピアッシングに…
新生活応援!ピアッサーで新しい自分に♪
もうすぐ冬も終わり、春が近づいてきました!お別れや出会いの季節、様々な場所で新しい生活が始まります。ボディピアスであなたの新生活を盛り上げてみましょう♪ ピアスを開けたい!色々なピアッサー♪…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの特集

ボディピアスコーディネート ボディピアスコーディネート ボディピアスコーディネート
ボディピアス専門店凛りんへ