埋め込むピアス「マイクロダーマル」とは!?痛みや開け方は?

マイクロダーマルピアスってなに?

一般的なボディピアスは目的の皮膚の部位をニードルなどで貫通させボディピアスを通して装着しますが、マイクロダーマルピアスは皮膚の中に専用のアンカーやプレート(土台)を埋め込む形でジュエリー部分を装着する新しいタイプのボディピアスです。
皮膚への負担も一般のピアスよりも少ないとされており、タトゥーとの組み合わせも楽しめます。
ジュエリー部分の『ヘッド』と土台部分の『アンカー・プレート』に分かれており、
マイクロダーマル用のジュエリーを使えばヘッドのデザインを交換することも可能です。

マイクロダーマルの名称について

マイクロダーマルは「マイクロダーマル・インプラント」がの正式名称となっており、英語表記“micro(非常に小さい)”“dermal(皮膚の)”が由来となっております。名称の通りジュエリー部分は比較的小さいタイプが多いのでワンポイントでもさりげないお洒落を楽しむことが出来るのもポイントです。

マイクロダーマルピアスの部位について

マイクロダーマルピアスは皮膚に埋め込むため、身体の様々な部位の皮膚に埋め込む事が出来ます。
首や胸、腕、背中は、貫通させるタイプのボディピアスよりもマイクロダーマルピアスの方が個人差はありますが、長期間排除されずに楽しむことができるといわれています。

マイクロダーマルピアスは痛みはあるの?

普通のピアス穴を開けるよりもマイクロダーマルピアスは痛いと言われています。
開けた後は安定するまで優しく取り扱うようにしましょう。

マイクロダーマルピアスはどこで開けたらいい?病院?自分で?

マイクロダーマルピアスは皮膚にプレートを埋め込むことが必須となるため、皮膚を貫通させて開ける一般的なピアスよりも難易度が高いと言われております。
また専門的な知識や手際も重要となってくるため、自分で開けるより、ピアススタジオ等で開けることをお勧めします。

マイクロダーマルピアスのアフターケア

アフターケアは普通のボディーピアスと同様、ぬるま湯位の温度のシャワーをかけて薬用石鹸で優しく洗浄したり、ホットソーク等でケアしましょう。

ボディピアスが炎症してしまった方必見!ホットソーク・クエン酸療法について
ピアスホールを日々清潔に保っているつもりでも、不規則な生活が続いたり、疲れがたまることでピアスホールの状態が悪化してしまうことがあります。 軟骨ピアスなど複雑な部位のボディピアスは耳たぶなどに比べ炎…
また部位によっては引っ掛けると痛みが生じたり、排除の原因となりかねないため、優しく丁寧に扱うようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの特集

ボディピアスコーディネート ボディピアスコーディネート ボディピアスコーディネート